現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パイオニア、AI開発者カンファレンスで3D-LiDARセンサーを紹介予定…エヌビディア主催のGTCジャパン

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.10

パイオニア、AI開発者カンファレンスで3D-LiDARセンサーを紹介予定…エヌビディア主催のGTCジャパン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パイオニアは、9月13日・14日の2日間、グランドプリンスホテル新高輪で開催されるAIカンファレンス「GPUテクノロジーカンファレンス(GTC)ジャパン 2018」に出展し、3D-LiDARセンサーのデモンストレーションを実施する。

GTCジャパンは、エヌビディアが主催する日本最大級のAI開発者カンファレンスだ。自動車メーカー、1次サプライヤー、ロボタクシー開発者、研究者など輸送業界のエキスパートが勢揃い。GPUベースのスーパーコンピューティングがディープラーニング、自然言語処理、ジェスチャーコントロールの革新技術を可能にし、業界全体を変える仕組みを紹介する。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

パイオニアは2017年12月の発表以降、エヌビディアとの協業を推進。パイオニアが開発を進める3D-LiDARセンサーは、エヌビディアが開発・提供を進める自動運転用ソフトウェア開発キット(SDK)「NVIDIA DriveWorks」の対応製品となっている。

NVIDIA DriveWorksには、自動運転用のリファレンスアプリケーション、ツール、ライブラリモジュールが含まれており、「NVIDIA DRIVE」 AIコンピューティングプラットフォームを活用して開発を進めるメーカーやデベロッパーをサポートしている。

3D-LiDARセンサーは、レーザー光で対象物までの正確な距離を測定し、遠方や周辺の状況をリアルタイムかつ立体的に把握できるため、レベル3以上の自動運転の実現に不可欠なキーデバイスとなる。パイオニアは、2020年以降の量産化を目指し、高性能で小型かつ低コストなMEMSミラー方式の3D-LiDARセンサーの開発を進めており、昨年の9月に検証用サンプルを開発し、国内外の企業に提供している。

今回のカンファレンスでは、この3D-LiDARセンサーのデモンストレーションを実施。自動車メーカーをはじめとする、自動運転関連開発企業に向け、その性能をアピールする。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します