現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > テスラ ロードスター 新型、0-96km/h加速1.9秒…欧州仕様を発表

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.10

テスラ ロードスター 新型、0-96km/h加速1.9秒…欧州仕様を発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国のEVメーカー、テスラは9月8~9日、スイスで開催されたグランドバーゼルモーターショー2018において、新型テスラ『ロードスター』(Tesla Roadster)の欧州仕様車を初公開した。

2008年に発売された初代ロードスターは、テスラの原点となったEV。英国のスポーツカーメーカー、ロータスの『エリーゼ』の車台をベースに、テスラ独自のEVパワートレーンを搭載。その後の『モデルS』、『モデルX』の成功の基礎を築いたのが、初代ロードスターだった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

新型ロードスターは、2世代目モデル。初代とは異なり、テスラのオリジナルデザイン。また、新型では、頭上のガラスルーフを脱着するタルガトップを採用する。後席にシートを設けた4名乗りという点も、2シーターだった初代との違い。

新型の動力性能は、大幅に進化した。モーターやバッテリーなどのスペックは公表されていないが、0~96km/h加速は1.9秒、最高速は400km/h以上。1回の充電で、およそ1000kmの航続を可能にしている。

テスラは今回、スイスで開催されたグランドバーゼルモーターショー2018において、新型テスラ ロードスターの欧州仕様車を初公開。白いボディカラーをまとった新型ロードスターを初公開し、欧州の顧客に対してアピールしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します