現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 石油連盟「北海道の在庫は1週間以上」、不要不急の給油を控えるよう要請 平成30年北海道胆振東部地震

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.9

石油連盟「北海道の在庫は1週間以上」、不要不急の給油を控えるよう要請 平成30年北海道胆振東部地震

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石油連盟は、平成30年北海道胆振東部地震の被災地に対して「不要不急の給油はできるだけ控えるよう」要請している。

被災地では、停電でポンプが稼働せず、営業できないサービスステーションが多く、燃料不足が懸念されている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

石油連盟では「現在、被災地への燃料供給は、停電による影響から、配送に遅れが出ているが、道内における石油製品在庫は1週間分以上ある(9月7日0時時点、2017年同月道内販売量ベース)ことに加え、本州からの入荷の予定もあり、供給量は確保されている」として、不要不急の給油を避けるよう求めている。

北海道では9月8日12時現在、自家発電機を備え、停電時にも稼働可能な中核SSなど約300カ所のうち、約260カ所の営業が確認できている。これを含め、道内約1800カ所のうち、約8割以上が営業可能としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します