現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タイヤが外れて事故になることも!? 走る前に確認しておきたい足まわり5つ

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.9

タイヤが外れて事故になることも!? 走る前に確認しておきたい足まわり5つ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前、ドリフト大会で、走行中のクルマからタイヤが外れて観客が意識不明の重体となる事故が発生し、自動車業界には大きな衝撃が走りました。しっかりとメンテナンスを行っているであろうレース車両が、怪我人を出すトラブルを起こしてしまったのです。今回は、日常生活でもこうした事故が起きないよう、走行前に確認しておきたい足まわりを5つ紹介します。

(1)ボルト&ナット

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

まずはボルト&ナットを確認しましょう。ホイールと車は、ボルト&ナットによって締結されています。このボルトまたはナットが緩んでいれば脱輪の可能性が高まります。
走行とともに車に負担がかかって徐々に緩んでいくケースは珍しくありませんが、ホイールは4~5本のボルト&ナットで締結されており、その1本がゆるめば全体のバランスが崩れ、残ったボルトに大きな負担が発生。ボルトが破壊され、ホイールごとタイヤが外れることになります。
タイヤを洗ったとき、空気圧のチェックをしたときなどに、ボルト&ナットがしっかりと締まっているのかを確認しましょう。少しでも違和感を覚えたら、増し締めを行いましょう。


(2)タイヤの空気圧

空気圧と脱輪は、関係ないのでは?と思う人も多いようですが、大きな関連性があります。
走行中、タイヤの空気圧が甘いとたわみの量が増え、パンクやバーストの原因になります。このときタイヤはホイールから外れやすくなっており、最悪の場合は後方に飛ぶことがあります。
タイヤの重さは、17インチで約10kg。そんな物体が飛んできたら、クルマのボディに大きな傷ができるでしょうし、人間に当たれば大事故につながります。タイヤ空気圧は、こまめにチェックするようにしましょう。


(3)タイヤの溝

走れば走るほど磨耗するのはタイヤの宿命ですが、タイヤの溝が少なくなると、クルマの制動距離が長くなります。
「薄くなっても滑るだけでしょ?」と思っている方も多いのですが、タイヤの溝が減るとタイヤのゴムそのものの摩擦力も落ちていきます。結果、濡れた路面などで制動距離が伸びて、普段は止まれていたはずの距離でもヒヤリとすることがあります。
また、内部のカーカスコードが露出すると、バーストに繋がります。


(4)ハブのガタ

タイヤはホイールを介してクルマと繋がっていますが、車体側の受け止め手がハブです。ハブには、ハブベアリングという部品があるのですが、古くなるとガタが生まれます。ガタが大きくなると、ハブごとタイヤ&ホイールが外れる原因になります。
ハブのガタ付きの点検は、ジャッキアップをして行いますが、通常は足まわりからの異音で気付きます。足まわりから異音を感じたら、少々面倒ではありますが、ハブのガタつきを疑ってみましょう。


(5)タイヤの寿命

溝もあるし空気圧もある。ハブのガタもOK。これなら問題ないだろうと思っても、タイヤには賞味期限があり、それを過ぎるとたとえ見た目は新品のように見えても、本来の性能は発揮できません。
輪ゴムを放置しておくと、時間とともに固くなり、弾力が損なわれることがありますが、タイヤも同じです。空気圧、溝、さらにはガタ。すべてOKであっても古いタイヤの場合、タイヤゴムそのものが固いので衝撃を吸収出来なくなり、車体にダメージを与えるようになります。
結果、タイヤが外れる可能性も出てくるのでチェックしておきましょう。タイヤの製造年月は、側面に刻まれています。最高でも10年以上前に製造されたタイヤは、使用を避けたほうが良いでしょう。



クルマの足まわりには、チェックすべき点が多々あります。特にタイヤは、クルマのなかで唯一路面に接しているパーツであり、走りに直接影響が出る部分です。メンテンスは、万全を期すよう心掛けましょう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zek*****|2018/09/09 06:32

    違反報告

    外れるまで気が付かないとかバーストするまで空気圧が下がってるとか論外!そんな間抜け運転する資格なし。
  • mdq*****|2018/09/09 06:42

    違反報告

    一般のドライバーでタイヤのナットを締めた事のある人はほとんどいないのでは?そんな人は空気圧も無頓着になってるでしょ。せめてわからないならわからないなりに空気圧は毎回の給油時に店員にチェックしてもらうとか、タイヤは新品に交換したら月事に点検してもらうとかはやってもらいたい。そんな余計な出費が嫌だと言うなら自分でするか、出来ないなら乗るのは止めてください。
  • dry*****|2018/09/09 06:36

    違反報告

    締めたつもりが・締めてない、締め忘れ・一番の原因。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します