現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あおり運転、約7割が被害経験あり---警察通報は2%未満

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.8

あおり運転、約7割が被害経験あり---警察通報は2%未満

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チューリッヒ保険会社は、「あおり運転」の実態調査を実施。ドライバーの約7割があおられた経験を持つものの、実際に通報した人は2%に満たないことがわかった。

調査は5月22日・23日の2日間、1週間に1回以上運転している全国のドライバーを対象に、インターネットアンケートで実施。2230人からの有効回答を得た。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

調査結果によると、あおり運転をされた経験があると答えたドライバーは70.4%。「車体を接近させて、もっと速く走るように挑発された」、「車体を接近させて、幅寄せされた」など、「車体を接近」させる行為が多いことがわかった。

あおり運転の被害を受けた車のタイプについては、「軽自動車」(28.8%)、「コンパクトカー/ハッチバック」(22.8%)が上位を占め、サイズの小さい車があおり運転を受けやすい傾向にあった。一方あおった側の車は、「セダン」(33.5%)、「バン/トラック」(18.3%)などの大きめの車が多かった。また、あおられた原因については、「車線変更をした」(17.7%)がトップ。以下、「追い越し車線を走り続けた」(15.3%)、「法定速度を守って走っていた」(14.5%)が続いた。

あおり運転に巻き込まれてしまった場合の対処については、「道を譲った」(57.0%)が最も多く、次いで「何もしなかった」(16.6%)、「路肩に停車した」(10.0%)が続いた。なお実際に「警察に通報した」人は2%未満と、ごくわずかだった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します