現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMWモトラッド、新型アドベンチャー F750GS/F850GS 発売へ

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.7

BMWモトラッド、新型アドベンチャー F750GS/F850GS 発売へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMWモトラッドの新型アドベンチャーモデル『F750GS』および『F850GS』を11月16日より発売する。

新型車はともに、新開発853cc水冷並列2気筒エンジンを搭載する。F750GSは最高出力77psを発揮するパワフルでオールラウンドな性能を備え、あらゆる場所へのツーリングをサポートできるよう設計。F850GSは最高出力を95psとした高出力タイプを搭載する。

    新型BMW Z4はトヨタコラボの突然変異。スープラと2択も悩ましい!?

新型エンジンは、90°にオフセットされたクランクピンと点火間隔270/450°のクランクシャフトを採用することで発生する、パワフルで官能的なサウンドが特徴だ。さらに2本のカウンターバランスシャフトが振動を効率的に吸収し、不快感を削減。アンチホッピングクラッチにより、クラッチ操作に必要な握力を軽減させるなど、安全性と快適性を高めている。

外観は現代的に洗練されつつ、よりダイナミックで力強いデザインを採用。流れるようなGSらしいスタイルをベースに、左右非対称のLEDヘッドライトを採用することで存在感を高めている。またリア部に配置していたフューエルタンクをセンター位置に移動させ、より軽量な印象を与えるデザインへと変更。ボディの上部のみ塗装することでよりアグレッシブな印象とし、オフロード性能の高さを強調させた。

ドライビングモードは全車標準の「レイン」と「ロード」に加え、「スタンダード」と「プレミアムライン」には、走行状況に応じて「ダイナミック」と「エンデューロ」の2つを、さらにF850GSには「エンデューロプロ」モードを採用するとともに、BMWモトラッドABSおよびASC(オートマチックスタビリティコントロール)を装備する。また、6.5インチTFTカラーディスプレイをオプション設定。ナビゲーション機能に加え、スマートフォンをBluetoothで車両と接続し、通話や音楽再生が簡単に操作できる。さらに他モデル同様、日本仕様はETC 2.0車載器を標準装備する。

価格はF750GSが129万6000円から154万4000円、F850GSが154万1000円から178万9000円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します