現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱 新型「RVR」に予防安全技術『e-Assist』を全車標準装備して発売

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.7

三菱 新型「RVR」に予防安全技術『e-Assist』を全車標準装備して発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■予防安全技術『e-Assist』の採用グレードを拡大

 三菱はコンパクトSUV「RVR」に予防安全技術『e-Assist』を全車標準装備化するなど一部改良を施し、全国の系列販売会社を通じて9月6日(木)から販売が開始されます。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 今回「RVR」の改良点としては、三菱独自の予防安全技術『e-Assist』の『衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]』、『車線逸脱警報システム[LDW]』、『オートマチックハイビーム[AHB]』を全車に標準装備としました。

 また、『後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]』と『後退時車両検知警報システム[RCTA]』を全車にメーカーオプション設定しました。

 「RVR」は「パジェロ/アウトランダー/エクリプス クロス」に続く三菱SUVラインナップの一員で、優れた多用途性能と環境性能を両立した、日本の道にジャストサイズなコンパクトSUVとなっています。従来のモデルから先進安全装備は充実していましたが、『e-Assist』を全車標準装備化することで、さらに予防安全性能を高めています。

 新型「RVR」の価格(消費税込)は、210万円4920円から275万円7240円となっています。なお、昨年10月に発売した特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」は継続販売されます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mot*****|2018/09/18 08:45

    違反報告

    デビューから年月が経ち今更感があるが、このような車は値引きをもう少し頑張ってもらいたい。
    ほかにもポルテ/スペイドやキューブ、ジューク、ミラージュなど日陰に隠れた車が散見されるが、これらの車もしっかり勉強することにより販売増加が見込めるし、アクアやノート、エヌBOXなどへの集中した需要を切り崩せる。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します