現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型「ジムニー」人気で本格4WDブーム再燃か なぜか自衛隊車両も市場に出回る理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.7

新型「ジムニー」人気で本格4WDブーム再燃か なぜか自衛隊車両も市場に出回る理由とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■これぞ本格オフロード4WD車! 軍用車が一般ユーザーでも乗れる!?

 新型のスズキ「ジムニー」やメルセデス・ベンツ「Gクラス」の人気で、いまオフロード4WDブーム再燃の兆しがあります。SUVは乗り心地や使い勝手はいいのですが、やはり本格的な性能を求めるならオフロード4WD。へビーデューティなスタイルと優れた悪路走破性は、アウトドア派には憧れの車です。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 そしてオフロード4WDの頂点とも言えるのが、軍用車です。徹底して無駄を削り、機能性のみを追求したデザインには、本物だけが持つ美しさがあります。もちろん、実際の戦闘に使うのは避けたいところですが、車として究極の性能が求められる軍用車には、何か不思議な魅力があることはたしかです。

 軍用車と言えば、古い所では「Jeep」。「ウイリス・MB」や「フォード・GPW」など、その後のすべての小型軍用車、オフロード4WDに影響を与えた希代の名車は、日本にも多くのファンがいて、実際に所有している人も少なくありません。最近の車両で言えば、米軍が現役で使用している「ハンヴィー」(ハマーは民生版)に乗っている人もたまに見かけます。

 しかし、こうした車両は入手が難しく、またその後のメインテナンスなども専門店やコレクターのネットワークを頼らねばならないのが実情です。では日本の自衛隊の車両はどうなのでしょうか。

 日本の自衛隊を象徴する1台と言えば、「73式小型トラック」、いわゆる『自衛隊パジェロ』と言われる軍用車です。現在の73式小型トラックは1996年に登場した2代目で、まさに2代目「パジェロ」をベースに造られています。初代は三菱「ジープ」をベースにした車両だったので快適性など無縁でしたが、2代目はフロントサスペンションに独立懸架式のダブルウイッシュボーンを採用し、エアコンまで付いています。また駆動系には「パジェロ」と同じ『スーパーセレクト4WD』を使い、フルタイム4WDモードを備えているので悪路や雪道でのイージードライブが可能です。

 この「73式小型トラック」が中古車市場に出回っているというので、調べてみました。すると、たしかに現在すぐに買える車両がかなりあることがわかりました。価格は200万円台後半から400万円。レアな車両の割には、意外とリーズナブルです。

 しかし、ここで疑問が。自衛隊が車両を払い下げる場合は、シャシを切断して、車両としては使えない状態にするのが原則です。まさしく鉄屑扱いです。どうしてそんな車両が中古市場に出回っているのでしょうか。

■自衛隊としては問題視していないのか

 答えは「73式小型トラック」のベース車両にありました。ある販売業者に問い合わせたところ、「切断されたラダーフレームに代わって、2代目『パジェロ』のシャシを代用する」とのことでした。エンジンや駆動系は基本的に「73式小型トラック」のものを使いますが、場合によっては「パジェロ」のものとすべて入れ替える場合もあるようです。

 ちなみにこの車両は1ナンバーか3ナンバーの取得が可能で、公道での使用が可能です。1ナンバーの場合は2人乗りで1年おきの車検、3ナンバーは6人乗りで2年おきの車検となっています。

 この車両、元は廃棄する予定だったもの。法律的に問題はないのでしょうか。防衛省陸幕広報部に聞いてみると、「中古車市場で販売されている車両は、元の車両の部品を使ったいわゆるレプリカと認識しております。民間のナンバーを取得して、道路運送法上で問題がなければ、特に自衛隊として問題視する部分はありません」とのこと。つまり堂々と自衛隊の車両に乗れてしまうわけです。

 ちなみに、自衛隊を象徴するもう1台の車両と言えば「高機動車」ですが、こちらも中古車市場に出ていることがあります。こちらはトヨタの「メガクルーザー」と基本的なシャシは一緒ですが、「メガクルーザー」自体レアなモデルのため、使えるフレームがありません。

 そのため、海外でラダーフレームが作り直され、左ハンドル化して民間で使われていた車両を逆輸入。ただし、フレームナンバーがないため、日本では残念ながら登録できないそうです。私有地内で使うのに購入したユーザーもいるようですが、一般人には敷居が高いモデルのようです。

 インターネットで探せば、「73式小型トラック」の中古車はすぐに探すことができるはずです。部品もほとんどが2代目「パジェロ」と共用ということなので、三菱系の販売店から入手することができるようです。ただしNOx規制法の対象地域では登録できないという条件もあります。それさえクリアできれば、あなたも夢の軍用車オーナーになることができます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 山崎友貴)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します