現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 京浜急行バス、燃料電池バス『SORA』を導入 2019年春から運行

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.6

京浜急行バス、燃料電池バス『SORA』を導入 2019年春から運行

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京急グループの京浜急行バスは、トヨタ自動車の燃料電池バス『SORA』を導入、大森営業所に配備して2019年春からお台場地区・船の科学館線で運行開始する。

燃料電池バスは現在、東京都が運行しているが、民間バス事業者が導入するのは初めて。京浜急行バスではこれまでもハイブリッドバスや、2016年排出ガス規制対応車など、環境負荷の低いバスを導入してきた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

今回導入するSORAは水素と空気中の酸素の化学反応で発電した電気を動力とし、走行時に二酸化炭素や環境負荷物質を排出しない。また、環境性能面以外でもユニバーサルデザインの導入や、停車時に運転手に周囲の歩行者・自転車といった動体がいる場合、音と画像で知らせる「視界支援カメラシステム」、車内転倒事故の要因になる急加速を抑制する加速制御機能などを採用している。

京浜急行バスでは、導入する燃料電池バスについて実際の路線バスでの運用を通じて性能や利便性を検証した上で、2台目以降の導入を検討する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します