現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産、練馬区と災害時における電力供給に関する協定を締結

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.6

日産、練馬区と災害時における電力供給に関する協定を締結

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は2018年9月6日、東京日産自動車販売、日産プリンス東京販売と共同で、「災害時における電気自動車からの電力供給に関する協定」を、練馬区と締結したと発表した。


今回締結された協定の内容は「災害が発生した際、日産は練馬区内の日産販売会社店舗で試乗車として配備している電気自動車(EV)を、練馬区に無償で貸与する」、また「練馬区は、日産販売会社店舗に設置しているEV用急速充電スタンドを優先して利用できる」、というもの。締結式は同日、練馬区役所の本庁舎にて、練馬区所有の安全・安心パトロールカーとして導入された、日産の電気自動車(EV)「日産リーフ」全7台の出発式と合わせて開催された。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ


日産自動車の理事・渉外担当役員である石井裕晶氏は今回の締結式で
「今後、さらに電気自動車を普及させていくには、今回のような行政の方のバックアップが、非常に重要であると考えています。練馬区において、電気自動車が普及し、災害に強い街づくりにつながることを期待しています。また、われわれ日産自動車は、販売会社とも連携し、最大限のバックアップをさせて頂きたいと思います」
と語っている。
 
日産 リーフ 関連情報
日産 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します