現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディ A6 など、スピードメーターが消えるおそれ リコール

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.6

アウディ A6 など、スピードメーターが消えるおそれ リコール

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディジャパンは9月5日、アウディ『A6』などのスピードメーターに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『A6 1.8 TFSI』『A6 アバント 1.8 TFSI』『A6 2.0 TFSIクアトロ』『A6 アバント 2.0 TFSIクアトロ』『A6 オールロード』『A6 3.0 TFSIクアトロ』『A6 アバント 3.0 TFSIクアトロ』『S6』『S6 アバント』『RS6アバント』『A7スポーツバック 2.0 TFSIクアトロ』『A7スポーツバック 3.0 TFSIクアトロ』『S7スポーツバック』『RS7スポーツバック』の14車種で、2016年7月16日~2017年1月17日に輸入された947台。

    新型アウディA8とA7発表。A8はレーザースキャナーを世界初搭載

メーターパネルユニットの制御プログラムが不適切なため、ナビゲーションユニットとの通信不良が起るものがある。そのため、メーターパネルが表示しなくなり、速度計の表示が消えるおそれがある。

改善措置として、全車両、メーターパネルユニットの制御プログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報により届け出た。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • toa*****|2018/09/07 15:22

    違反報告

    従来の針だったら針が動かないことがあっても
    「消える」なんてなかっただろう。液晶画面ならではの現象だね。
    多数の車種と共用してるせいか、リコール対象がずいぶん広範囲だな。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します