現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今、グランドツアラーが熱い!──スポーツカーとは違う、その魅力とは?

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.5

今、グランドツアラーが熱い!──スポーツカーとは違う、その魅力とは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あくまでも自分が試乗した範囲の話ではあるが、ここ10年近くはスーパースポーツカーに乗る機会が本当に多かった。それらを発表された順に記すと、マクラーレン MP4/12Cとランボルギーニ アヴェンタドールが2011年、ランボルギーニ ウラカンが2013年、マクラーレン650Sが2014年、フェラーリ488GTBとマクラーレン570Sが2015年、そしてホンダ NSXは2016年に登場した。ポルシェ 911のタイプ 991と991IIがデビューしたのもこの時期のことで、なかでも911GT3や911ターボには深い感銘を受けた。

さらには、これらをベースとするバージョン違いも多数登場した。アヴェンタドールであればSVやS、570Sだったら540C、570GT、570Sスパイダーといった具合だ。したがって、実際にテストをおこなったり、インプレッションを執筆したりしたクルマはかなりの台数になる。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

これらがとても興味深かったのは、各メーカーが自分たちの個性を明確に主張していたところにある。マクラーレンは常に純粋なスポーツ・ドライビングの楽しさを追求し、ランボルギーニは派手なスタイリングとは裏腹に4WDをベースとする非常に高度で洗練したスポーツモデルを作り出すいっぽう、フェラーリは独特の華やかさを失うことなくメカニズムの完成度を飛躍的に高めてきた。

そしてポルシェは常にポルシェで、優れた実用性と高度なハンドリングを実現、常にスポーツカーの“メートル原器”であり続ける。だから、各ブランドが送り出すスポーツカーのニューモデルに触れるのはいつも興味深く、そして新鮮だった。この思いはいまもまったく変わっていない。

そうした勢いがなくなってしまったわけではないけれど、ここ2~3年でじわじわと存在感を高めているのがグランドツアラーだ。

新世代のグランドツアラー代表として挙げたいのが、2016年デビューのアストンマーティン DB11だ。同じ年にはフェラーリ GTC4ルッソも登場した。そして2017年にベントレー コンチネンタル GTが3代目に生まれ変わり、DB11には高性能バージョンのDB11 AMRが追加された。

では、スポーツカーとグランドツアラーの違いとはなにか? 

両者は完全に相容れないものではなく、またスポーツカー的な要素とグランドツアラー的な要素の両方を持ったモデル(フェラーリ 812スーパーファストなど)もあるので、一概には言えないけれど、基本的にはワインディングロードやサーキットでコーナリングを楽しむモデルがスポーツカーで、長距離ドライブでその最良の一面を発揮するのがグランドツアラーといえる。

そうした使用目的の違いは、クルマの成り立ちにどのような差をもたらすのだろうか?

エンジンでいうと、どちらもパワフルなことが求められるのは間違いない。ただし、スポーツカーではコーナーリングでの素早い反応を重視してレスポンスの鋭いエンジンが歓迎される。また、コーナーでマシンを操っている実感を味わうには、エンジン音もある程度は聞こえたほうがいいし、エンジンを高回転域まで引っ張る楽しさも求められるだろう。

いっぽうのグランドツアラーでは、鋭いエンジン・レスポンスより、滑らかな回転フィールや静粛性のほうが重要になる。これは、長距離を淡々と走り続けても疲れにくくするため。また、高速道路での追い越しといったシーンを考えれば、中低速域での分厚いトルクが期待されるが、必ずしも最高回転数が高い必要はないのだ。

サスペンションはどうか? スポーツカーではハンドリング・レスポンスが重視されるため、ある程度は硬い足まわりにならざるを得ない。いっぽう、タイヤがグリップしている様子を正確に伝えるため、ステアリングはインフォメーションが豊富なことが重要視される。

グランドツアラーの場合も、高速走行安定性を確保するため、ある程度は硬い足まわりが必要になるのは同じだ。とはいえ、あまり硬すぎてゴツゴツ、ドンッドンッと始終突き上げられているようでは気が休まらない。やはり無用な振動を伝えることなく、高速域でもスムーズに走る能力が求められるだろう。

スポーツカーとグランドツアラーの違いはボディ形状にもあらわれる。コーナーリング重視のスポーツカーは軽量かつ低重心であることが重要になるから、ボディは背が低くてコンパクトになる。軽量化という観点からいえば、室内の快適装備も最小限とならざるを得ない。

いっぽう、グランドツアラーでは乗員とその荷物をたっぷり積むスペースが求められるし、俊敏なコーナーリング性能に対する要求値もあまり高くないので、スポーツカーに比べれば背が高めで全長も長くなることが多い。

このように、スポーツカーとは多くの面で対照的なグランドツアラーだが、嬉しいことにスポーツカー同様、各社各様の個性が表現されていて、こちらも実に楽しい。

アストンマーティンは華麗なスタイリングと贅沢な室内、そしてV12気筒エンジンの官能的な響きにその魅力が凝縮されている。「走りの実感」という面ではグランドツアラーでありながらスポーツカーに近い要素も持ち合わせているのがアストンの特徴だ。DB11はまさにそういった魅力を備えていたが、シャシーのスタビリティという面ではいまひとつの部分が残っていた。

それがDB11 V8のデビューによって大きく進歩したと思ったら、今度はさらにスポーティなDB11 AMRが登場してわれわれをあっと驚かせた。端的にいえば、グランドツアラーとスポーツカーの境界線をあいまいにする存在といって差し支えない。

ベントレーの新型コンチネンタルGTも、スペック面ではスポーツカー的要素を高める改良が施された。しかし、実際にステアリングを握っているときの感触はあくまでもグランドツアラーであって、スポーツカーとは別世界だ。ビビッドな感触よりも無用な振動を打ち消すことに苦心したそのステアリング・フィールはスポーツカーとの違いを明確に物語っているし、どこまでも滑らかな乗り心地も同様。いっぽう、インテリアの華やかさは一段と向上し、どんな長距離ドライブでも乗員を飽きさせないはずだ。

フェラーリ GTC4ルッソはスポーツカーとグランドツアラーの魅力を見事にブレンドしている。つまり、スポーツカーのように使えば全身からアドレナリンがわき出るような快感が得られるいっぽうで、ロングクルージングでは心平穏に走り続けられる。

このふたつの世界を高い次元で両立している秘密は、最近のフェラーリの目を見張るような技術力にあるといっていい。未来的なのにどこかクラシックなインテリア・デザインも素晴らしいし、そのクオリティ感にも不満はない。グランドツアラーでもフェラーリらしい華やかさは存分に楽しめると断言できる。

かくもユニークで魅力あふれるグランドツアラーの世界。今後、ニューモデルがさらに登場し、個性豊かな世界が一層広がっていくことを期待したい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 大谷達也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します