現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > FF最速を奪還するぞ! ルノー「メガーヌR.S.」がフルモデルチェンジ

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.4

FF最速を奪還するぞ! ルノー「メガーヌR.S.」がフルモデルチェンジ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■F1のノウハウを詰め込んだメガーヌR.S.

 F1グランプリをはじめとするモータースポーツで培われたノウハウと先進技術により高いレベルで進化したルノー「メガーヌR.S.」が2018年8月30日(木)に発売されました。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 新型「メガーヌR.S.」は、4輪を操舵させワインディングでは俊敏に、高速コーナーは安定性を高める技術の「4コントロールシステム」を採用。また、サスペンションダンパー内にもう1つのダンパーを搭載し、路面との接地状態を最適に保つ4輪ハイドロリック・コンプレッション・コントロール(4HCC)を採用した先進技術を盛り込みスポーツパフォーマンスを大幅に向上させたモデルです。

 パワートレインは、「ルノー・スポール カーズ」と「ルノー・スポール レーシング」が共同で開発した最高出力279PS、最大トルク39.8kg-mを発生する1.8リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。トランスミッションは、MTより格段に速い変速操作が可能な電子制御デュアルクラッチ式6速AT(6EDC)を採用しています。

 エクステリアでは、既に市販されている「メガーヌGT」に比べ、フロントを60mm、リアを45mm、全幅をサイズアップしたフェンダーに19インチ大径ホイールを装着することにより、よりアグレッシブなプロポーションを実現。リアバンパーには、一体型ディフューザーに加え、メッキトリムにより存在感を強調したセンターマフラーを装備。このセンターマフラーは歴代「メガーヌR.S.」のシンボルにもなっています。

 また、ルノー・ジャポンの広報は、「メガーヌR.S.はFF最速としてニュルブルクリンクでもコースレコードを出し、世界的にも評判が良かったです。ルノーはフランスの会社ですが、ルノー・スポールにおいては日本のマーケットも重視しています。そのため、新型メガーヌR.S.の開発は、ヨーロッパ以外で唯一、日本もターゲットになっています。鈴鹿サーキットや箱根ターンパイクなどいろいろな道を走り込んで、日本のマーケットにはドンピシャなクルマになっています」と述べました。

 現在、ニュルブルクリンクにおけるFF最速レコードは、ホンダ「シビック タイプR」の7分43秒8ですが、新型「メガーヌR.S.」の最速奪回に向けた動きもあるといいます。

 新型「メガーヌR.S.」のボディカラーは、全3色(オランジュ トニックM、ブラン ナクレ M、グリ チタニウムM)で色により価格設定が異なり、車体価格(消費税込)は、440万円です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します