現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フェラーリが50台目のスパイダーをついに公開した

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.3

フェラーリが50台目のスパイダーをついに公開した

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェラーリは、2018年3月に初披露した「488ピスタ」に続き、そのフルオープンバージョンである「488ピスタ・スパイダー」を8月26日に米・ペブルビーチでの自動車イベント「コンコースデレガンス」で発表した。

フェラーリにとって50台目のオープンモデルというが、エレガンスだけが売り物ではない。最高出力720psに最大トルク770Nmという強力な3902cc V8ツインターボエンジンをミドシップし、同時に大幅な軽量化がはかられているからだ。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

スタイルをみれば、488の開発プロジェクト初期からスパイダーバージョンも計画されていたことがわかるほど綺麗な造形だ。ボディ中央を前後に走るレーシングストライプがうまく活かされているのはクーペ譲りである。

そもそも488は、488チャレンジや488GTEなどレース仕様が派生するほど、本格派のスポーツカーだ。当然、488ピスタ・スパイダーにも、カーボン素材やアルカンターラをはじめとするレースカーにも使われる素材を惜しみなく採用している。

スポーツドライビングの面では「フェラーリ・ダイナミック・エンハンサー(FDE)」の搭載も注目に値する。コーナリング時のブレーキ圧を自動調整することで、コーナリングスピードを引き上げるシステムだ。とりわけ極限状態での車体の動きをドライバーに伝えるとともに、コントロール性を高めることを目的とする。

軽量化の点では室内のカーペットが省略されてアルミニウム板むきだしになっており、内側からドアを開けるにはストラップを引っ張る。細部にいたるまでレーシーに仕上げているのだ。

ホイールは20インチリム径で、オプションでワンピースのCFRP製を選ぶことも出来る。後者では重量が20パーセントも軽量化しているそうだ。

後輪まわりのボリューム感の出し方は巧みで、新しさを追求しつつも、フェラーリのスタイリングアイディンティティはしっかり守っている。

V12をターボ化するのか? プラグインハイブリッドの次の計画は? フェラーリについては、これからの動きが気になるが、まずはレーシーなV8ミドシップモデルを送り出してくれたことを喜びたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 小川フミオ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します