現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 見通しの良くない交差点で自転車をひき逃げ、クルマの運転者を逮捕

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.3

見通しの良くない交差点で自転車をひき逃げ、クルマの運転者を逮捕

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

踏切の手前にあり、見通しがあまり良くない交差点で乗用車と自転車が出会い頭に衝突する事故が起きた。自転車に乗っていた男性が負傷したが、クルマは逃走しており、警察は後に運転者をひき逃げ容疑で逮捕している。

☆☆☆

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

1日午前7時20分ごろ、長野県長野市内の市道を走行していた乗用車と自転車が交差点で出会い頭に衝突する事故が起きた。自転車に乗っていた男性が軽傷を負ったが、クルマは逃走。警察は後に運転していた男を逮捕している。

長野県警・長野中央署によると、現場は長野市早苗町付近で幅員約4mの直線区間。交差点に横断歩道や信号機は設置されていない。乗用車と自転車は減速しないまま交差点へ進入。出会い頭に衝突した。

自転車は乗用車の左側側面に衝突して転倒。乗っていた19歳の男性が打撲などの軽傷を負ったが、クルマはそのまま逃走していったことから、通報を受けた警察は軽傷ひき逃げ事件として捜査を開始。車両の特徴などから同市内に在住する40歳の男が事故に関与したと判断し、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。認否については明らかにされていない。

現場は見通しが若干悪い区間。一時停止義務は双方ともに無かった。警察では双方の安全確認に怠りがあったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

☆☆☆

事故としては軽微なものであり、クルマの運転者が逃走せずに対処さえしていれば「ニュースにはならなかった」というレベルだった。しかし、現場から逃走したことで「ひき逃げ事件」となり、悪質事案として扱われることになってしまった。

「事故を起こさない」ことも重要だが、事故が起きてしまった場合はきちんとした対処が求められる。今の時代、ひき逃げを起こしたとして、いつまでも逃げ切れるものではない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 石田真一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sen*****|2018/09/03 20:20

    違反報告

    ひき逃げする奴は人間の屑。
    運転する資格なし。
    永久的に運転免許の剥奪を。
  • ybw*****|2018/09/03 20:28

    違反報告

    どうせ また 身に覚えがないとか 何かに当たったが
    自転車だと思わなかったという、見苦しい言い訳を
    するのでしょうね
  • oku*****|2018/09/03 20:29

    違反報告

    見通し悪いのにどっちも一時停止してないってんだから・・・
    ただ、自動車の側面に自転車衝突なんだから、救護していれば自転車7割自動車3割くらいの過失割合だっただろうに。
    いずれにしてもドライブレコーダーがあれば真実がわかって良かったのにね。
    自衛にため、ドライブレコーダーは必須アイテム。(ちゃんとした仕事に就いてれば尚更)

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します