現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > S660が丸目のクラシカルな姿に!? 外装キットが発売!

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.3

S660が丸目のクラシカルな姿に!? 外装キットが発売!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年9月21日、ホンダの純正パーツを取り扱うホンダアクセスから、S660向けの外装キットが発売されます。今日的なデザインが与えられたS660のイメージをガラリと変える「S660NeoClassicKIT」とは、どんな内容になっているのでしょうか?

売り言葉は「恋もオープンするS」

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

ホンダの純正パーツを扱うホンダアクセスの「S660ネオクラシックキット(NeoClassicKIT)」のページを開くと、モノクロ画像に”恋もオープンするS。”というキャッチコピーが、目に飛び込んできます。石畳の街並みを往く小さなスポーツカーと傘の下でより沿う男女は、まるで1950-60年代のフランス映画のよう。
この画像に写っている、どことなくクラシカルな印象のクルマが、S660NeoClassicKITが組み込まれたホンダS660です。愛嬌のある丸目2灯のフロントマスクは、ホンダ4輪スポーツカーの礎となったS600(エスロク)を彷彿とさせます。


東京オートサロン2016で話題となった外装キット

S660ネオクラシックキットは、2016年の東京オートサロンにホンダアクセスがNLab.として出展したS660NeoClassicConceptがベース。「古典的な良さ、美しさを現在に再生する」というコンセプトから制作された車両は、この年の東京国際カスタムカーコンテストのグランプリに輝いています。
外装キットの詳細を説明すると、丸目のヘッドランプを含むフロントまわりに加え、リアフェンダー、エンジンフード、テールパネルなど、ドア以外の外板がすべて交換されています。FRPでできた外板パーツは、装着する車両に合わせて塗装を行う前提で未塗装で出荷されることになります。
もちろん、外板パーツを変えても、ボディサイズは軽自動車の枠内に収まるよう設計されていることは言うまでもありません。
昔の車には惹かれるけれど、部品供給や修理、維持費の関係などで二の足を踏んでいる方には、このキットはS660により満足するためのキットになることでしょう。
販売は、中古車をベースとしたコンプリートカーを、ホンダの子会社であるホンダユーテック(オートテラス城北・鈴鹿東・筑紫野)が行います。


S660NeoClassicKITの価格

キットの価格は、税込1,296,000円。この金額には、取り付け工賃や塗装費、車両価格などが含まれておらず、現在の中古車平均価格(約180万円)をプラスすると、ざっと300万円前後の乗り出し価格になりそうです。
とはいえ、S660の新車価格は、ベーシックモデルでも198万円。カスタマイズが施されたモデューロXは285万円ですから、中古とはいえ300万円前後で個性溢れるS660に乗れるのであれば、それほど高い買い物ではないでしょう。
部品供給が充実していてタマ数もまだ多い現行車、しかも中古車をベースに個性的な1台に仕上げるサービスを提供するというホンダの試みが、今後どうなるのかにも注目です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します