現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東京駅周辺の屋内電子地図を公開、測位環境を活用した民間サービスを後押し

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.3

東京駅周辺の屋内電子地図を公開、測位環境を活用した民間サービスを後押し

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省は、屋内外の測位環境を活用した様々な民間サービスの提供を後押しするため、東京駅周辺の屋内電子地図をG空間情報センターで公開した。

国土交通省では、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を機に、訪日外国人や高齢者・障害者を含む誰もが、屋内・屋外を問わずシームレスに目的地へ円滑に移動できる社会の実現を目指して「高精度測位社会プロジェクト」を実施している。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

プロジェクトでは、日本最大級の地下空間が拡がる東京駅周辺で屋内電子地図や屋内測位環境を整備し、その環境を活用した屋内外シームレスなナビゲーションサービスの実証実験を実施した。

屋内外の測位環境を活用した様々な民間サービス創出に利用できるよう、実証実験の際に整備した東京駅周辺の屋内電子地図を、昨年11月の新宿駅周辺屋内地図に続いて、G空間情報センターで公開した。

今回公開する東京駅周辺屋内地図は、東京駅を中心とした東西約1km、南北約2kmの範囲が対象。20を超える鉄道施設や民間ビル、公共施設にまたがる屋内電子地図を関係者の協力で初公開(改札内は除く)する。

サービスの基盤となる屋内地図として公共的な通路や階段などのデータを含み作成している。通路の段差や勾配などを含む屋内ネットワークデータを利用し、段差を回避したバリアフリールートの検索などのサービスも開発できる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します