現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブリヂストン、植物由来の新素材ゴム実用化に向けた研究プロジェクトに参画

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.3

ブリヂストン、植物由来の新素材ゴム実用化に向けた研究プロジェクトに参画

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年8月31日、ブリヂストンは、植物原料由来イソプレンゴムの実用化に向けた研究プロジェクト「植物原料由来イソプレン及び高機能イソプレン誘導体製造技術の社会実装に向けた課題抽出」に参画すると発表した。

このプロジェクトは、タイヤの原材料として使用されている天然ゴムや石油由来の合成ゴムを代替できる植物原料由来イソプレンゴムの実用化・事業化に向け、製造技術、精製・重合技術、コスト等に関する調査研究を通じて課題抽出を行なうもの。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

このプロジェクトは国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「スマートセル関連技術の社会実装推進に向けた先導研究テーマ」に採択されている。

天然ゴムは、パラゴムノキから採取される生物資源で、合成ゴムに比べ強度・摩耗性能や補強材との接着性能に優れるタイヤの重要な原材料だが、今後も世界的なタイヤ需要の拡大とともに、天然ゴムの消費量も増加すると予想されている。

ブリヂストンは天然ゴムの安定供給を目指し、パラゴムノキに関する様々な研究開発に取り組むと同時に、天然ゴムを代替する材料を人工的に合成する研究も進めている。2016年には独自の触媒技術を用い、天然ゴム以上の性能を持つ次世代ゴムを実現しうるポリイソプレンゴム(合成ゴム)の合成に成功している。

植物原料由来のイソプレンを用いることも可能なこの技術の実用化・事業化に向け、本プロジェクトに参画する三菱ケミカルリサーチ、JSR、三菱ケミカルと連携し、タイヤ原材料の安定供給源確保や製造プロセスの確立など、イソプレンのバリューチェーンに関わる検討課題を明確にして行く。

そして最終的に植物由来原料を用いたタイヤの商用化を目指すとしている。この取組みは、ブリヂストンが2050年を見据えた環境長期目標として掲げる「100%サステナブルマテリアル化」の達成にも貢献できると考えられている。
 
ブリヂストン 関連情報
ブリヂストンタイヤ 公式サイト
ブリヂストン 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します