現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > オービスでのブレーキや加速不十分での合流!  違反じゃないけどヤメテほしい高速道路の運転7選

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.2

オービスでのブレーキや加速不十分での合流!  違反じゃないけどヤメテほしい高速道路の運転7選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 安全や渋滞緩和のためにもマナーは重要

 日本の高速道路は有料道路。高い通行料を払っている分、速く、安全に、快適に走行できないと元が取れない。そのためには、ルールの徹底はもちろんだが、マナーと押さえておかないといけないポイントがある。そうした中で、ルール違反とまでは言えないが、ときどき見かける迷惑な運転をピックアップしてみよう。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 1)速度が不安定

 高速道路は、一定の速度をキープして走るのが基本。元気よく抜いていったと思ったら、しばらくすると走行車線をノロノロと走っているクルマを見かけるが、これはダメ。また前方が開けたらとにかくダッシュ、前走車に接近するまでブレーキを踏まない、といった運転も疲れるだけだし、まわりのクルマも流れを乱され、ストレスが溜まる。

 高速道路を使って疲れず、速く、安全に目的地に着くための秘訣は、100km/hなら100km/hで一定の速度を保つこと。これは煽り運転の防止にもつながり、燃費の面でもメリットが大きいので、アダクティブ ・クルーズコントロールなどの機能を使うか、スピードメーターを頻繁に見て、速度一定運転を実践しよう。

 2)後ろを見ていない

 ほとんどバックミラーを見ないで走り、後続車がずらりと並んでいるクルマ、これもかなり迷惑で危ない。こういう人に限って、「制限速度の上限に近い速度で走っているのだから問題ない」と思っているようだが、高速道路はみんなのもの。そして常に周囲に気を配るのはドライバーの義務でもある。小まめにバックミラーを見ない人は、高速道路(一般道も)を走る資格はない。

 3)ブレーキをやたらと踏む

 合流してきそうなクルマや車線変更をしそうなクルマを見かけたら、とりあえずブレーキを踏む。渋滞表示の看板があれば、ゆっくり見たいのでブレーキを踏む。オービスやNシステムがあると、制限速度に近いスピードで走っていてもブレーキを踏む。トンネルが近づいたらブレーキを踏む。事故や故障車があればそれが対向車線であってもブレーキを踏むなど。

 とにかくブレーキを踏みたがる人がいるが、高速道路で無駄にブレーキを踏むのは迷惑であり渋滞のもと。流れのいい高速道路なら、きちんと車間距離を空けていれば、緊急時以外はほとんどアクセル操作だけでスピードコントロールできるはず。ブレーキの踏み癖のある人は、もう少し周囲の状況を読んで、計画性のあるドライビングができるようになるようになろう。

 4)ライトオンやウインカーが遅い

 一般道よりも速いペースで走る高速道路では、他車とのコミュニケーションが非常に重要。日の入り30分前には、ヘッドライト(スモールランプではダメ)を点灯し、雨天や霧が出ているとき、降雪など、普段より視界が悪いときは、積極的にヘッドライトを点灯して欲しい。また、ウインカーも早め早めに出すことで、自分も他人もより余裕を持った運転ができるので、ウインカーも意識して早いタイミングで出せるようにしたい。

 5)トラックやバスと併走

 追い抜き車線を走りながら、走行車線のトラックやバスと同じペースで走り、併走しているクルマも迷惑な存在。トラックやバスと同じペースで走るなら、そして追い抜きをかけるとき以外は、走行車線を走ること。

 6)合流地点やSA・PAの出口で加速が足りない

 本線に合流するときは、本線を走っているクルマと同等以上の速度までしっかり加速して合流するのが基本。加速不良で本線に入ろうとするクルマは、危険であり、加速車線と本線を走っているクルマにも不要なリスクを与えることになる。

 7)上り坂での失速、追越しをかけるときに加速しない

 高速道路で発生する渋滞の大きな原因になっているのが、上り坂での速度低下。乗用車ならどんな非力なクルマでも、高速道路にある上り坂なら、100km/h以上の速度は保てるだけの動力性能は持っているはず。

 にもかかわらず、上り坂で顕著に速度が低下するのは、平坦な道でも上り坂でもアクセルを踏む量が変わらないから。これはあまりにも無神経なドライビングで、即刻改善してほしい。高速道路を走行中、一定を保つのは、アクセルペダルを踏む量ではなく、クルマの速度。上り坂、下り坂、向かい風、追い風などの状況に合わせ、常に速度が一定になるように、負荷に応じたアクセルワークになるよう気を配ろう。

 また、走行車線を走っていて、前走車に追いついたときは、追い越し車線に車線変更し追い抜くこと自体はOKだが、このとき、自分が走行車線を走っていたペースのまま追い越し車線に出てくるクルマが意外に多い。

 後続車がまったくいなければ問題ないが、追い越し車線側の少し離れたところに後続車がいるような場合は、そのクルマに追いつかれないうちに追越しを終了し、走行車線に戻るべきなので、追い越し車線に後続車がいる場合は、必ず十分加速しながら前走車を追い抜き、追い抜きが終わったら速やかに走行車線に戻ること。

 その他、合流地点が近づいているのにわざわざ追い抜き車線から走行車線に戻るクルマや、右に左にとやたらと車線変更をするクルマ、周囲の流れよりも遅いペースで走るクルマなども迷惑な存在。流れに乗ってスムーズに走る。こうした高速道路の基本を身につけて、もっと上手に高速道を利用できるようになろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 藤田竜太)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します