現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「S660」をクラシカルに変身させるカスタマイズキット発売

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.31

ホンダ「S660」をクラシカルに変身させるカスタマイズキット発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ホンダアクセスは、2シーター・オープンスポーツのホンダ「S660」をベース(※1)に、外装や灯体などを組み替え、クラシカルなスタイリングにカスタマイズできる「S660 Neo Classic KIT」を2018年9月21日にホンダユーテック(※2)のオートテラス店3店舗にて発売する。

「S660 Neo Classic KIT」は、未塗装のFRP製外装部品と灯体等で構成。装着する車両に合わせた塗装を行った上で、外装部品や灯体などを組み替えて架装することでカスタマイズカーとして完成する。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

このキットを用いて、ホンダユーテックがS660中古車をベースにカスタマイズを行い、“ホンダ認定中古車「S660 Neo Classic」”として販売する。また、現S660ユーザーが自身のS660を持ち込み「S660 Neo Classic」にカスタマイズすることも可能だ。架装された中古車の販売、持ち込み車両のカスタマイズともにホンダユーテックが行う。
「S660 Neo Classic」は2016年1月に開催された東京オートサロン2016に、ホンダアクセスが「N Lab.(エヌラボ)」(※3)として出展した「S660 Neo Classic Concept」がベースとなっている。イベント後も商品化検討が続けられ、今回中古車装着を想定したパーツキットとして商品化を実現した。
※1:「S660 Modulo X」をベース車とすることはできません
※2:ホンダの中古車を取り扱うオートテラス店3拠点とオークション6会場を運営する連結子会社。
 S660 Neo Classic 取扱い店舗は「オートテラス城北」「オートテラス鈴鹿東」「オートテラス筑紫野」の3店舗。
※3:N Lab.(エヌラボ)は、従業員の有志が自発的な活動でデザイン・具現化したモデルを制作し、ユーザーとのコミュニケーションを通じ、次期商品へのアイデアを得ること、またモチベーションを高めることを狙いとしたホンダアクセスの活動の一つ。
 

【商品概要】

・商品名:S660 Neo Classic KIT
・メーカー希望小売価格:1,296,000円(税抜き本体価格:1,200,000 円)
  
S660 ネオクラシック スペシャルサイト(ホンダアクセス)
ホンダ S660 関連情報
ホンダ 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します