現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイソン、新型EV開発のテストコース建設へ…160km/h以上の高速走行も可能

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.31

ダイソン、新型EV開発のテストコース建設へ…160km/h以上の高速走行も可能

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイソンは8月30日、英国ウィルトシャー州ハラビントンのテクノロジーキャンパスに2億ポンド(約290億円)を追加投資し、新型EV開発のテストコースを建設すると発表した。

ダイソンは2017年9月、2020年までの実用化を目指して、新型EVの開発に着手したことを明らかにしている。今回の発表は、ダイソンが新型EVの開発を加速させるものとなる。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

ハラビントンのテクノロジーキャンパスは、英国空軍基地の跡地を活用したもの。建設されるテストコースは、ハンドリングコースやオフロードコース、スキッドパッドを備え、160km/h以上で走行できる高速コースも設けられる予定。今回の発表に合わせて、ダイソンの自動車開発部門の400名のスタッフが、ハラビントンのテクノロジーキャンパスに拠点を移した。

ダイソンのジム・ローウェンCEOは、「拡大を続けるダイソンの自動車開発部門が、ハラビントンに移転した。ここは間もなく、世界クラスの自動車テストコースになるだろう」と述べている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します