現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツ、京都工場のリフレッシュ工事開始へ 小型車の生産体制強化

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.31

ダイハツ、京都工場のリフレッシュ工事開始へ 小型車の生産体制強化

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツは8月30日、生産体制強化を目的に、操業開始から45年が経過した京都工場(京都府乙訓郡大山崎町)のリフレッシュ工事を行うと発表した。

京都工場はダイハツグループ内の生産拠点として、小型車を中心に生産。これまで『シャレード』『パイザー』『テリオス』などダイハツの主力小型車に加え、『プロボックス』『サクシード』『シエンタ』『ポルテ』など、トヨタの小型車や商用車の受託生産などを行ってきた。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

今回、今後もグローバルに競争力を維持・向上するために、約350億円を投資してリフレッシュすることを決定。DNGA(Daihatsu New Global Architecture)をベースに、開発を進めている次世代新型車生産も視野に、ダイハツの生産におけるキーワード「SSC(シンプル・スリム・コンパクト)」を、より一層進化させる。

リフレッシュ工事は2018年9月に着工し、段階的に新工場での操業を開始。2022年頃に完工予定。これまで培ってきた伝統を受け継ぎながら、最新技術を織り込むことで、高品質なスモールカーの生産を行うほか、CO2削減など環境負荷にも配慮した工場となる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します