現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界で最も美しいEV、ジャガーE-TYPE ZEROの市販化が決定!

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.30

世界で最も美しいEV、ジャガーE-TYPE ZEROの市販化が決定!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界中のジャガー、ランドローバーのクラシックモデルのオーナー向けに車両、サービス、パーツ、エクスペリエンスの提供を行うジャガー・ランドローバー・クラシックが制作したEVモデル「E-TYPE ZERO」の市販化が決定した。PHOTO◎Jaguar Land Rover Limited

 エンスージアストの中で、美しい名車の代名詞になっているモデルといえば、まずジャガーEタイプの名前が挙がるだろう。そのアイコニックなEタイプに電動パワートレインを搭載したゼロエミッションモデル「Eタイプ・ゼロ」の製造・販売が決定した。Eタイプ・ゼロはジャガー・ランドローバー社のスペシャル・オペレーションに属する1部門の「ジャガー・ランドローバー・クラシック」が手がけた1台だ。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 2017年9月にジャガー・ランドローバーが主催した「Tech Fest 2017」で初公開された、Eタイプ・ゼロは、“世界で最も美しい電気自動車”と高い評価と多くの反響をうけ、この度、市販化が決定した。今月、アメリカ・カリフォルニア州で開催された「モントレー・カー・ウィーク」でも最新のコンセプトカーを初披露している。


 気になるパワートレインだが最新EV、Iペイスのコンポーネントを多く取り入れており、270kmの航続距離を実現している。ちなみに40kWhバッテリーを搭載した場合、通常約6~7時間で充電が完了する。走行性能もこだわっており、オリジナルのEタイプ同様の前後重量配分のため、Eタイプ・ゼロは本家を彷彿とさせる走りを達成しているという。
 
 嬉しいのは既存のEタイプオーナー向けにEV化するサービスも同時に提供するという点だろう。また、Eタイプのオリジナリティを保持するために、電動化後に、オリジナルのエンジンに換装して元に戻すことも可能だ。

 ジャガー・ランドローバー・クラシックのディレクター、ティム・ハニングは「Eタイプ・ゼロのコンセプトモデルを発表して以来、その大きな反響に驚いており、感激しています。未来を見据えたクラシックカーの楽しみ方を提案できたことは、ジャガー・クラシックにとっても今後の成長に向けた大きな足がかりになります」と語っている。
 
 現在、ジャガー・クラシックではEタイプ・ゼロに関する問い合わせを受付中。スペックや価格に関しては後日発表し、2020年夏にデリバリー開始を予定している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan GENROQ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します