現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ええっマツダ・ファミリアがまだ買える?

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.30

ええっマツダ・ファミリアがまだ買える?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ・ファミリアというクルマをご記憶だろうか。世界戦略車であり、ロータリーを積んだこともあり、カー・オブ・ザ・イヤーの初回受賞車であり、日本初のフルタイムAWD車だったりと、名前のとおりファミリーカーながらじつに華やかだったクルマである。「華やかだった」と過去形なのは、すでにその命脈は尽きているから──と思ったら、なんと2018年現在も買えるようだ。

 赤い3ドアハッチバックのファミリアは当時そこかしこで走り回っていて、ああヒットしたクルマなんだなあと強く記憶に刷り込まれた。スクエアなボディシェイプはいかにも80年代というイメージで、しかもこのクルマがファミリアにとって初のFWDモデルだったらしい。セダンもあって、なぜか顔が当時のBMWみたいな逆スラントノーズだったのも記憶に残っている。こちらのイメージは薄いブルーである。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 もうひとつ、よーく覚えているファミリアがカブリオレ。世の中がどんどん好景気になってきて、屋根が開くクルマというものが決して荒唐無稽ではなくなってきたのだろう。「うわファミリアの屋根もなくなった」なんて驚いたのも覚えている。マツダの方にお話をうかがうと、このクルマかRX-7のカブリオレが入社後初の購入車なんてことをよく聞く。人気だったのだろう。

 そんなファミリアというクルマはすでにアクセラになってしまって、もう消滅してしまったとばかり思っていた。そうしたら先日、マツダからニュースリリースが届いて「マツダ、新型『ファミリアバン』を発売」という。新型? 復活ではなく新型? ってことはずっと続いていたってことか?

 非常に興味をそそられてリリースを確認してみたら、こんなクルマが現れた。

 ……。

 これは……。

 コレはいいじゃないですか!

 皆さんならすぐにおわかりだろう。トヨタのプロボックス/サクシードのOEMモデルだ。しかしノーズに燦然と輝く誇らしげなMマークをご覧あれ。まごうかたなく、ファミリアである。
 プロボックス/サクシードに乗ったことがある方は先刻ご承知、このクルマはとんでもなく出来がよろしい。重い荷物を載せてもきちんと走らせるための頑強なボディ/シャシが、結果としていい走り味をもたらしているのだ。

 内装も最高である。余計なものがまったくついていない。仕事のグッズをあちこちに差し込む場所があり、そして走行中にそれらが暴れない。シートも簡素な作りながら乗り降りを徹底的に研究しているため壊れない、疲れない。そしてよーく考えてみればこのクルマ、ダイハツで作られているのである。マツダ×トヨタ×ダイハツという3メーカーの共同作業による夢のような製品だ(大袈裟か)。

 せっかくだから、「新型」というだけにこれまでのファミリアバンがどんなものだったのかを振り返ってみよう。あーあったね!と盛り上がること、必至である。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します