現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日立、EVのモーター駆動を50%省エネルギー化するSiCパワー半導体を開発

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.30

日立、EVのモーター駆動を50%省エネルギー化するSiCパワー半導体を開発

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日立製作所は、電気自動車(EV)の省エネルギー化に貢献する新構造のパワー半導体として次世代材料の炭化ケイ素(SiC)による独自のデバイス「TED-MOS」を開発したと発表した。

今回、電流密度が求められるEV向け1.2kV耐圧のパワー半導体を開発した。電流が集中するデバイス中央部に電圧のかかり方を緩和する「電界緩和層」を新たに設け、電界強度を大幅に低減した。デバイス中央部には低抵抗化する「電流拡散層」を設け、SiCの中でも抵抗の小さい結晶面であるFin状トレンチの側面とつながる電流経路とするデバイス構造とした。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

この技術の効果を試作したデバイスで確認したところ、高耐久性構造SiCパワー半導体は、耐久性の指標である電界強度を従来のDMOS-FET比40%低減するとともに、EVモーター駆動に求められる1.2kVの耐圧を確保しながら抵抗を25%低減し、エネルギー損失を50%低減できることを確認した。

同社は今後、EVの心臓部であるモーター駆動用インバーターの省エネルギー化に貢献する技術として実用化を目指す。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2018/08/30 19:43

    違反報告

    このようにEVの心臓部、パワーモジュールの進歩が日本で進んでいるのですよ。
    バッテリーの価格が低いだけの中国のEVに日本は何も遅れてはいないのでご安心ください。
    中国がEVで進んでいるかのような誤解記事を書くメディアが多いです。
    誤報ですので鵜呑みにしないように。
  • sss*****|2018/08/31 01:38

    違反報告

    タイトルの書き方だとモーターの消費電力が半分になるように見えますが、試作したデバイス(インバーター?)の電力損失が半分になったってことじゃないでしょうか。
    いずれにせよ次世代パワー半導体は今後とても重要な技術で国でもNEDOなどがずいぶん前から研究していて、現在もCop21に向けた省エネのコア技術と位置付けて研究しています。
    現状だとロームが一歩先行してるのかな?フォーミュラEなどでも使われてますね。
  • cgn*****|2018/08/30 20:04

    違反報告

    FETの効率なんて95%を越えているのに、どうやって50%省エネ?

    0.5%の間違い?株価誘導?

    特捜部は、記者を捜索した方が良い。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します