現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 羊の皮をかぶった狼!? 速そうに見えないけど速いクルマ5選

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.30

羊の皮をかぶった狼!? 速そうに見えないけど速いクルマ5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェラーリやポルシェのような派手な外見は持ち合わせていないけれど、ほんの少しフェンダーが膨らんでいたり、エクステリアやインテリアの意匠がわずかに違っていたりと、ただならぬオーラをまとった特別なセダンやハッチバック。それらは、いつの時代にも存在し「羊の皮をかぶった狼」として、クルマ好きを魅了してきました。ここでは、そんな現行車を紹介します。文・吉川賢一

速そうに見えないクルマとは?

    NAエンジンでも速い!歴代軽自動車3選

2ドアクーペやミドシップモデルは、見るからに速そうな外観をまとっています。それに対して、セダンやハッチバックといたモデルは、居住性を重視した設計で、見た目はそれほど速そうに見えません。
しかし、なかにはスポーツカーに迫るハイパワーエンジンを載せたセダンが存在します。そのなかでも、現在、日本国内向けに新車発売されている4ドアのセダンに絞って見ていきます。


(1)ボルボS90R-Design

ボルボのフラグシップセダンS90のスポーティグレードが、R-Designです。パワーユニットは、T6という2.0L4気筒ターボ+スーパーチャージャーで、最高出力235kW(320ps)/5,700rpm、最大トルク400Nm/2,200-5,400rpmを発生。それに8速ATを組み合わせています。
AWDの駆動方式を持つ足まわりには、専用のスポーツチューニングが施されており、255/35R20と低扁平サイズのタイヤを装着。8.5J×20インチのアルミホイールは、R-Design専用デザインです。
ベースがS90であることから、走行音はごく静かであり、高級車に相応しい静粛性を実現していますが、ひとたびドライブモードをダイナミックにセットすると、加速音の迫力が増します。
”ボルボ=安全、保守的”というイメージが一般的で、ひと目見ただけでは高級セダンにしか見えないかもしれません。しかし、その本質は300馬力オーバーのエンジンを載せたスポーツセダンなのです。


(2)アルファロメオジュリアクアドリフォリオ

2017年に導入されたアルファロメオの新型セダン、ジュリア。そのなかで、もっともホットなモデルが、クアドリフォリオです。
最高出力375kW(510ps)、最大トルク600Nmの3.0LのV6ツインターボエンジンは、自社開発と言われていますが、フェラーリのV8ターボの2気筒をカットすると、クアドリフォリオのエンジンになるのは、偶然ではないでしょう。
駆動方式はFR。それでも最高速307km/h、0-100km/hは3.9秒という、スーパーカーのような数字をたたき出します。その走りは「気持ちいい」の一言。乗り心地の評価も高く、重厚だけど、軽やかだと表現をする人も多くいます。
1,132万円というプライスは高価ではありますが、普段使いが十分にできる4ドアセダンであるうえに、ライバルのBMWM3よりも若干安く、0-100km/hはM3の4.1秒を上回る性能は、「羊の皮をかぶった狼」を語るにふさわしいものといえるでしょう。


(3)アウディRS7SportBackperformance

アウデの4ドアクーペ、A7の最上級モデルRS7SportBackperformanceに搭載されるエンジンは、4.0LのV8ツインターボで、最高出力445kW(605ps)、最大トルク750Nmというパフォーマンスを発揮します。
駆動方式はアウディお得意のクワトロシステムで、静止から100km/hに到達するまでわずか3.7秒と、圧倒的なトルクによって、暴力的といえるような加速を実現しています。ちなみに、最高速は305km/hに達します。
アルミ素材をボディやシャシーに多用して軽量化を狙ってはいるのですが、車重は2,050kgとかなりの重量級です。しかし、その重さを感じさせることもなく、エンジンパワーと、よくしつけられた軽めのステアリングフィールによって、この重量級ハイパワー4WDマシンを軽快に走らせてくれます。
RS7が本領を発揮するのは、高速道路での巡航シーン。圧倒的なスタビリティの高さで、まさに矢のように直進していきます。


(4)BMWM5

現行型M5のエンジンは、先代同様の4.4リッターV8ツインターボですが、さらに強化されて411kW(600ps)/750Nmというパフォーマンスになりました。
駆動方式はBMW自慢のAWDシステムxDriveとなり、同時にトランスミッションも7DCTからトルコン式の8ATに変更されました。
加速の扱いやすさと600psのエンジンパフォーマンスを両立するうえでは、AWD化とAT化は避けられなかったと言われています。とはいえ、DSCオフにすると完全後輪駆動モードにすることも可能で、ハイパワーをFRで楽しみたいという刺激を欲する人にも答えることができています。


(5)レクサスGSF

レクサスGSFに搭載される自然吸気の5.0LV8エンジンは、351kW(477ps)の最高出力と、529Nmの最大トルクを発生。にもかかわらず駆動方式はFRということから、ただモノでない4ドアセダンだと分かります。
さらに足元に目をやれば、フロントにアルミ対向6ピストン、リアにはアルミ対向4ピストンのモノブロックキャリパーが奢られており、そこからもハイパフォーマンスのオーラを感じることができるでしょう。
ボディは、レクサスが得意とするレーザー溶接やスポット増しがこれでもかと施されているほか、パネルの合わせ目、ガラスとボディの間にも特殊接着剤を用いて車体剛性を向上。
さらにコーナリング中の駆動力を制御して回頭性を調節する”TVD”や、乱れた挙動を安定化させる“VDIM”は、手元のダイヤルで特性変化ができるなど、日本を代表するハイスピードサルーンに仕上げられています。



外見は4ドアのオーソドックスなセダンですが、中身はドライバーを痛快にさせる要素満載。いずれも、スポーツ性能だけでなく、サルーンとしても使える居住性や乗り心地もおさえていることが、現代版の「羊の皮をかぶった狼」の特徴なのかも知れません。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します