現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > OKI、車両運行管理システムにETC2.0特定プローブデータを活用した新サービスを追加

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.30

OKI、車両運行管理システムにETC2.0特定プローブデータを活用した新サービスを追加

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OKIは、物流事業者向け車両運行管理システム「ロコモビ2.0」の新サービスとして「ETC2.0特定プローブデータ対応車両位置情報サービス」の提供を8月30日より開始すると発表した。

新サービスでは、走行位置、走行経路、急減速箇所の抽出とヒヤリハットマップの3機能を提供する。従来、車両位置情報などの取得には、専用車載端末が必要だったが、新サービスでは車載端末に市販のETC2.0車載器を利用。専用車載端末の購入費用や通信費用などの負担をなくし、低コストでの車両運行管理の提供を実現する。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

同社では、新サービスの3機能とETC2.0プローブデータ分析技術を活用した渋滞予測および、現在開発中の所要時間予測機能やAIによるアナリティクス技術を融合させ、幅広い分野における車両運行に関する業務改革の実現を目指す。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します