現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > UAZの「2206」「ハンター」2モデルが日本の排ガス規制対応で再販決定!

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.29

UAZの「2206」「ハンター」2モデルが日本の排ガス規制対応で再販決定!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■レトロなルックスと乗り味を楽しめるロシア「UAZ」製の2モデル

 1941年に武器メーカーとして創業され、現在ではSUVやピックアップトラックも手掛けるロシアの「UAZ」(ウァズ)製のレトロな2車種が、東京の「岩本モータース」から再販されることになりました。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 今回、再販されるモデルはバンタイプの「2206」とジープタイプの「ハンター」になります。

 その基本構造は1958年から変わっていない「UAZ」の「2206」ですが、1958年と言えば日本では「スバル360」が誕生した年です。そのことからもこのモデルがいかに長寿なことがわかります。

 また、「ハンター」シリーズも発売から45年目を迎えるモデルで、現代のクルマにはない、シンプルさと無骨さをあわせ持つモデルとなっています。

 三菱製のジープの販売や整備を行ってきた岩本モータースでは2006年より「UAZ」を取り扱ってきましたが、日本の排ガス規制に適合しなくなったため2014年に販売を中止していました。再販されるモデルでは、欧州排出ガス規制の「ユーロ5」をクリアした2693ccのエンジンを搭載することで日本の市場への再導入が可能となりました。

 機能面においてもレトロなルックスながら全車にクーラー、パワーステアリング、リヤABSシステムが備えられています。

 加えて、バンタイプ「2206」の60周年記念限定車「ジュビリー」ではオリジナルのツートン・ボディカラーを筆頭に、ホワイトホイールやリアデフロック、テフロン生地のシート、サイドスライドウインドウ、記念限定車エムブレムが装着されています。

 岩本モータースではジープ専門店としてのノウハウを活かしプロデュースした「ハンター」シリーズをベースとした「4junkyカスタム」の予約販売も開始したほか、本国で販売されている純正オプションの取り扱いも可能とのことです。お好みに合わせたカスタムを施して楽しむのもこのモデルならではの醍醐味といえるでしょう。

 価格は(消費税込)385万円からです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します