現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 熊倉重春が振り返るディーゼルの進歩──コモンレールという魔法

ここから本文です

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bla*****|2018/08/28 07:44

    違反報告

    こんないい加減な駄文でコモンレールDEを記述するとは!呆れてものが言えない。
    わからない読者を更に偏った方向に向かわせるようなものだ。

    単体の燃圧上昇だけしかほとんど記述していない。
    アホか!
    分配式、列型ポンプでは複雑な制御の噴射量調整ができなかった。燃焼のプリ制御の最適化が飛躍的に進化した。燃焼フェーズは高圧噴射と過給で効率的な燃焼を図る。ただし内燃機関の避け得ない宿命で高温高圧燃焼時にはNoxと、更に軽油の特性でPMが
    発生する。これを下流で処理するポスト制御の触媒や現在の主流のSCRモジュールの採用があり今に至る。 桃太郎の昔話の様にストーリーと何を目的として技術革新を行ったかを書かないと、ただの与太話で終わる。あまりに酷い内容のものは配信しないでほしい。

    赤点。やり直し!

  • kon*****|2018/08/28 08:37

    違反報告

    熊倉氏と言えば、プリウスのイメージですね!分かります、欧州メーカーのコンパクトディーゼル燃費、環境性能自慢・・凄いね!と思いつつ何か・・(ФωФ)許してあげる(笑)

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します