現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アストンマーティン初のEV、800Vバッテリー採用へ…充電時間を半減

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.23

アストンマーティン初のEV、800Vバッテリー採用へ…充電時間を半減

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アストンマーティンのアンディ・パーマー社長兼CEOは8月21日、ブランド初のEVとして開発中の『ラピードE』に、800ボルトのバッテリー技術を採用すると発表した。

ラピードEは、アストンマーティンの4ドアスポーツカー、『ラピード』をベースに、EVパワートレインを搭載したモデル。アストンマーティンにとって、初の市販EVとなる。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

EVパワートレインは、英国のウイリアムズと共同開発。ラピードEの生産開始は2019年を予定しており、限定155台を生産する計画。

アストンマーティンのアンディ・パーマー社長兼CEOは今回、ラピードEに800ボルトのバッテリー技術を採用すると発表。電動車両向けのDC急速充電ステーションは通常、電圧が400ボルト。400kmの航続に必要なバッテリーの充電時間は、40~80分となる。

電圧を800ボルトに上げると、400kmの航続に必要なバッテリーの充電時間は、20分以内へ半減。アンディ・パーマー社長兼CEOは、ラピードEを2019年末に発売する、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します