現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱、ミッドサイズSUV「アウトランダー」を一部改良し内外装のデザイン変更や安全機能を充実

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.23

三菱、ミッドサイズSUV「アウトランダー」を一部改良し内外装のデザイン変更や安全機能を充実

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車は、ミッドサイズSUV「アウトランダー」の内外装のデザイン変更や質感を向上し、また走行の質感も向上させるなど一部改良を施し、2018年8月23日から全国の系列販売会社を通じて販売を開始する。車両本体のメーカー希望小売価格は、2,668,680円~3,356,100円(消費税込み)。


今回の改良では、ヘッドランプ、バンパーなどのエクステリアデザインの変更と、フロントシートやオーナメントパネルなどのインテリアデザインを変更すると共に、フロアコンソールに後席用のエアコン吹き出し口を追加するなど、質感の向上と快適性を高めた。
また、構造用接着剤の塗布により車体剛性を高め、ショックアブソーバーとステアリングギヤを改良し、走行時の質感を向上させ、より上質なSUVへと進化させている。
また、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]と誤発進抑制機能(前進及び後退時)を標準装備とするなど、安全機能を充実させることで、全車「サポカーSワイド」に該当した。
 

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

【商品概要】

(1)デザイン
エクステリアでは、ヘッドライト内部のデザイン変更と同時にHiビームにLEDを採用したほか、ラジエターグリル、フロントスキッドプレート、リヤスキッドプレート、アルミホイールのデザインを変更し、質感を向上させた。また、空力性能を向上させるリヤスポイラー(G Plus Packageのみ)を追加し、機能性やスポーティさを高めている。

インテリアでは、オーナメントパネルやハザードスイッチパネルのデザインを変更したほか、ロアコンソールやインパネ、ドアトリム部のオーナメントパネルに高級感のあるデザイン柄を採用(本革シートOP選択時)し、シート、ドアトリム、コンソールアームレスト、メーターフード、ステアリングホイール、シフトノブにシルバーステッチを施すことで、さらに上級感を高めたインテリアとした。また、S-AWC(SUPER ALL WHEEL CONTROL)作動状態を示すメーター表示を変更し、視認性を向上させている。

フロントシートは、サイド形状を変更するとともに、サポート部に硬さの異なるクッションを組み合わせることで、ホールド性が向上し、本革シート(メーカーOP)には、上質なスムースレザーを採用することで質感を高めた。
 
(2)快適性の向上
後席用エアコン吹き出し口をフロアコンソール後部に追加したことにより、後席の快適性を向上させた。

パワーウインドウ開閉操作に運転席から全席の窓をワンタッチ操作でオート開閉できる機能を新たに採用し利便性を向上させたほか、挟まれ防止機能も合わせて全席のパワーウインドウに採用。
 
(3)走行質感の向上
前席と後席ドア、ならびにラゲッジルームの開口部や、リヤホイールハウスのボディパネル接合部に構造用接着剤を塗布し、パネル同士の接合面積を増やすことで、車体剛性を強化した。

フロント、リヤのショックアブソーバーをサイズアップし、同時に減衰力特性を改良することで、上質な乗り心地と高い操縦安定性を両立させている。

ステアリングギヤ比をクイック化し、それに合わせた電動パワーステアリング制御を適正化することで、操舵時の質感向上と素直な応答性を実現した。
 
(4)安全性の向上
衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]と誤発進抑制機能(前進及び後退時)を標準装備とし、全車「サポカーSワイド」に該当させた。
 

【メーカー希望小売価格】

※リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録等に伴う費用は含まれません
 
アウトランダー(三菱自動車)
三菱 アウトランダー 関連情報
三菱 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します