現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本自動車初期品質、ブランド別でダイハツが2年連続トップ…JDパワー

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.23

日本自動車初期品質、ブランド別でダイハツが2年連続トップ…JDパワー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

J.D.パワージャパンは8月22日、2018年日本自動車初期品質調査の結果を発表。ダイハツがブランド別ランキングで2年連続トップとなった。

調査は新車購入後2~9か月経過したユーザーを対象に233の項目にわたってユーザーの不具合経験を聴取した。調査項目は外装、走行性能、装備品/コントロール/ディスプレイ、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーション、シート、空調、内装、エンジン/トランスミッションの8カテゴリー。すべての不具合項目は車100台当たりの不具合指摘件数(PP100)として集計され、数値が低いほど品質が高いことを示す。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

調査結果によると、2018年の総合不具合指摘件数は67PP100。2017年の76PP100、2016年の75PP100と比べ、車両品質が改善しているようだ。特に内装やエンジン/トランスミッションで大きな改善が見られた。内装は依然として不具合指摘が最も多い分野だが、「室内の不快なにおい」への不具合指摘の減少など、改善が見られた。セグメント別では、すべてのセグメントで前年からスコアが改善。特に、ラージセグメントとミニバンセグメントのスコア改善が顕著だった。

一方、不具合指摘が増えたのは、ナビゲーション、エンターテイメント、音声認識、ブルートゥースといった「ACEN」分野だった。特に顕著だったのは、分かりにくい/使いにくい/場所がよくないといったナビゲーションシステムの使い勝手に関わる項目。ただしナビゲーションシステムの故障や精度に関する不具合指摘は減少している。

ブランド別では、ダイハツが57PP100で2年連続トップ。2位はホンダ(61PP100)、3位はメルセデスベンツ(62PP100)となっている。

車両セグメント別モデルランキングは、軽自動車がホンダ『N-WGN』が1位、2位はダイハツ『キャスト』、3位は同じくダイハツ『ウェイク』だった。コンパクトは1位がダイハツ『トール』、2位は兄弟車のトヨタ『ルーミー』、3位はトヨタ『アクア』。ミッドサイズは日産『リーフ』が1位、2位はホンダ『シャトル』、3位はトヨタ『プリウス』。ミニバンはトヨタ『ノア』が1位、『シエンタ』が2位、3位はホンダ『ステップワゴン』だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mam*****|2018/08/23 07:52

    違反報告

    不具合指摘件数だから、装備が少なければ成績は上がりやすいってことね。
  • sus*****|2018/08/23 10:05

    違反報告

    確かに壊れにくさはあるが、・・・エアバックのリコール遅いし、エアコン作動音煩いし、NAのAT車なんてアクセル踏みこんでもびっくりするほど走らないし、内装も異音も2年程で出てくる。細かいけど・・・ボディのプレス処理が波打って悪い・・・個人的にはどうかなぁーという感じですな。
  • umi*****|2018/08/23 13:15

    違反報告

    本当に?過去乗ったダイハツ車2台、両方不具合が出て手放したよ
    5ヶ月で空になるオイル食いと足回りの振動、サス交換しても直らなかった。
    しかもクレーマー扱いされたので即ガリバーに売って半月後に新古のワゴンRに乗り換えた。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します