現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コンチネンタル、バス向けデジタルコクピット発表へ…2019年から生産予定

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.22

コンチネンタル、バス向けデジタルコクピット発表へ…2019年から生産予定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンチネンタルは8月21日、ドイツで9月に開催される「ハノーバーモーターショー2018」(IAA商用車)において、バス向けのデジタルコクピットを初公開すると発表した。

デジタルコクピットは、高級乗用車を中心に採用が進んでいる。コンチネンタルは、商用車にもデジタルコクピットを拡大展開。ハノーバーモーターショー2018では、バス向けのデジタルコクピットを初公開する予定。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

コンチネンタルのバス向けデジタルコクピットは、12.3インチのTFTディスプレイで、「マルチビュープロフェッショナル12」と命名。コントロールパネルはCANバスを介して接続され、自由にプログラムが可能となっており、さまざまな機器と組み合わせて、カメラ画像などの情報を表示できる。最大3つのディスプレイと2つの自由に構成可能なコントロールパネルとの組み合わせも可能。

警告メッセージは、エラーメッセージが表示されている場合にのみ表示。ポップアップメッセージを表示して、ドライバーに異常な状況や危険な状況を警告することもできる。

コンチネンタルは、バス向けデジタルコクピットの量産を、2019年初頭に開始する計画。コンチネンタルはバスメーカーに加えて、電動車両メーカー、農業機械および建設車両メーカーも関心を示している、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します