現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 経産省、自動運転に関するデータ共有や空飛ぶクルマ開発促進 2019年度主要施策

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.22

経産省、自動運転に関するデータ共有や空飛ぶクルマ開発促進 2019年度主要施策

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省は、2019年度の経済産業政策の重点案をまとめた。

2019年度の主要施策で、データを核としたオープンイノベーションの推進による「Society5.0」の実現に向けては、自動走行、ものづくり/ロボット、バイオ/素材、スマート保安、スマートライフを中心に、データ共有を通じた協調領域拡大や、AIベンチャーなどと連携したデータ活用・サービス開発を支援する。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

年内を目途に策定する「空飛ぶクルマ」の実現に向けた技術開発・制度整備のロードマップに基づく、取り組みの推進や、宇宙ビジネス拡大のため小型ロケットの開発、政府衛星データを活用したサービス開発を支援する。

イノベーションを生み出す産業基盤の強化では、有望なベンチャーを引き上げるため、海外のスタートアップイベントへの出展支援や、現地ネットワークとのマッチングを推進する。日本のものづくりの強みを活かしたAIや、量子コンピュータなどの次世代コンピュータの関連技術の研究開発を進める。

サプライチェーンを構成する企業群やユーザー全体でサイバーセキュリティを確保するための指針を策定するほか、保険会社・ベンダーと連携した中小企業のトラブル対応の支援人材プールの構築、米・イスラエルとの連携による人材育成も進める。

また、新たな「ルールベース」の通商戦略では、日本開催のG20の活用を通じた保護主義への対抗や、中国やASEANとの協力など、アジアにおけるビジネス連携の拡大、米・中・印などと連携してコスト競争力を強化しながら国際スタンダードに沿った第三国インフラ協力を推進する。

エネルギー転換を通じた環境と経済成長の好循環では、蓄電池に必要な鉱物資源の安定供給確保、車載用蓄電池リユース市場確立を通じた蓄電池への投資促進や、水素ステーションの戦略的整備の支援・低コスト化に向けた技術開発や規制見直しを推進する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2018/08/22 09:58

    違反報告

    「空飛ぶクルマ」 あったら良いよね。
    ただそれは、夢見る大人が情熱で造る物であって経産省にロードマップを作られてやる物じゃないし、人の作った計画でやる程度の情熱じゃ完成できないし、ブレークスルーも無いでしょ。
    もっとも日本国内じゃ、「空飛ぶクルマ」は道路、国土の広さ、制度整備の柔軟性、全てにわたって現実性が無いかな。輸出用だね。
  • ysf*****|2018/08/22 10:30

    違反報告

    企業は世界に進出して日本の経済に反映させる。
    企業に活力を与え、むだな税金を掛けないで国民の為に仕事をしている経済産業省。
    国内投資を斡旋して、産業の発展をバックアップして雇用促進をしている。
    それに比べて同じ国民の税金で生活している、国交省自動車局と石井国交大臣、訳も解らず企業を潰しにかかる。
    企業に無駄な検査を強制して、世界競争をする企業の足を引っ張り、日本の産業を衰退させる事しか考えていない。
    全自動車メーカーは困り果てている。
    結果、各メーカー中国進出に踏み切ることになった。
  • f13*****|2018/08/22 12:48

    違反報告

    空飛ぶ車より今は自動運転車の方が先ではないか?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します