現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ 新型「N-VAN」累計受注台数が14,000台突破、発売1カ月で計画の4倍以上

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.21

ホンダ 新型「N-VAN」累計受注台数が14,000台突破、発売1カ月で計画の4倍以上

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは2018年8月21日、2018年7月13日に発売した新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の累計受注台数が、8月20日現在で14,000台を超えたことを発表した。


N-VANの販売計画は3,000台/月とされており、発売1カ月で計画の4倍以上という好調な立ち上がりを見せている。
購入ポイントとして、助手席側センターピラーレスとテールゲートのダブルビッグ大開口による積み降ろし作業時の使い勝手、低床フロアと助手席ダイブダウンによる大空間の荷室などがあげられており、N-VANの特徴である広い積載スペースや積載作業の効率性が評価されたかたちだ。
 

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

【新型N-VAN受注状況】

■購入ポイント
・助手席側センターピラーレスとテールゲートのダブルビッグ大開口による、積み降ろし作業時の使い勝手の良さ
・低床フロアと助手席ダイブダウンによる大空間の荷室
・先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」標準装備(※1)
・クラストップレベル(※2)の燃費性能
※1:「Honda SENSING」を装備しない仕様もあり(ターボ車除く)。「誤発進抑制機能」「ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>」「LKAS<車線維持支援システム>」「後方誤発進抑制機能」は6MT車には装備されない。「オートハイビーム」は G・Honda SENSINGおよび L・Honda SENSINGには装備されない。
※2:軽貨物車において。ホンダ調べ(2018年8月現在)
 
■購入層
商用車オーナーからホビー用途まで、幅広い客層が購入。
 
■グレード別構成比
・G/L:41%
・+STYLE FUN:44%
・+STYLE COOL:15%
 
■タイプ別構成比
※「Honda SENSING」を装備しない仕様含む
・G・Honda SENSING:19%
・L・Honda SENSING:22%
・+STYLE FUN・Honda SENSING:22%
・+STYLE FUN・ターボ Honda SENSING:22%
・+STYLE COOL・Honda SENSING:9%
・+STYLE COOL・ターボ Honda SENSING:6%
 
■人気カラー(トップ3)
●「G/L」※G/Lは全2色
・タフタホワイトII:50%
・ルナシルバー・メタリック:50%
●「+STYLE」
・プレミアムホワイト・パールII:22%
・ガーデングリーン・メタリック:20%
・シャイニンググレー・メタリック:20%
 
ホンダ N-VAN 製品情報
 
ホンダ N-VAN 関連情報
ホンダ 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します