現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > すべては勝つためのエボリューション 三菱「ランエボ」第一世代の変遷を振り返る

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.21

すべては勝つためのエボリューション 三菱「ランエボ」第一世代の変遷を振り返る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■軽量のセダンボディに高出力エンジンと4WDでWRC参戦

 三菱自動車の「ランサーエボリューション」。この名前を聞くと“ラリー”や“4WD”というイメージが浮かんでくる人も多いのではないでしょうか。“エボリューション(Evolution)”は英語で『進化』という意味です。初代「ランサーエボリューション」から始まる第一世代の進化を振り返ってみましょう。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 歴代「ランサーエボリューション」は、第一世代(エボI・エボII・エボIII)、第二世代(エボIV・エボV・エボVI)、第三世代(エボVII・エボVIII・エボIX)、第四世代(エボX)に大きくわけることができます。

 初代「ランサーエボリューション」は 1992年に発売。これがいわゆる“エボI”であり“ランエボ”の始まりです。

 当初は、2500台限定発売の予定でしたが、予想以上の反響だったことから最終的には7600台を発売しています。

「ランサーエボリューション」の大きな目的は、WRC(世界ラリー選手権)参戦のためです。ベースは「ランサー1800GSR(CD9A型)」で、専用設計された高性能エンジンと4WDシステムを搭載しました。

 それまで三菱自動車は、国内外のラリー参戦を前提に開発した「ギャラン VR-4」でWRCに参戦していましたが、ランチア「デルタ」やトヨタ「セリカ」、スバル「レガシィ」というライバルの後塵を浴びることも多く、ギャランより小型軽量なランサーにハイパワーなエンジンを搭載することで挽回しようとしていました。

「ランサーエボリューション」のエンジンは「ギャラン VR-4」に搭載されていた4G63型インタークーラ付きターボエンジンをチューニング。最高出力250PS、最大トルク31.5kg-mまで高めました。その加速性能は、当時の市販車としては驚異的なものでした。

 しかし、ランサーの標準車両から大幅に強化されたシャシに4WDシステムを搭載した結果、まだ熟成されておらず“直線は速いけど曲がらない”と、運動性能は低く評価されてしまいました。この『評価』が後に続く歴代ランサーエボリューションの進化の原動力になりました。

■ 外観は変わらずとも、中身は大幅進化したエボII

 日本のバブル経済崩壊や完全失業率の上昇などが報じられていた1994年1月に、「ランサーエボリューションII(以下:エボII)」をエボIと同様に台数限定で発売しました。

 エクステリアは大きく変わらず、同様にエンジンも、エボIと同じ4G63型インタークーラ付きターボを踏襲しました。しかし、吸排気効率を向上させるチューニングにより、エボIから10PSアップした最高出力260PSに向上させました。

 また、エボIで“速いけど曲がらない”と評された点を解消すべく、ボディ剛性や足回りを改良し、見た目は変わらなくても中身は大きく進化しています。

 その甲斐もあって1995年のWRC第2戦スウェディッシュ・ラリーでは初優勝を獲得するなど、海外でも『Evo』の呼称が浸透し始めました。

■大型リアウイングを装着したエボIII

 1995年1月には、さらに進化した「ランサーエボリューションIII(以下:エボIII)」が発売されました。

 エボIやエボIIと比べると外見上にも大きな変化が見られます。WRC(世界ラリー選手権)のグループA規定に沿って、高速化が増すラリーフィールドで勝つために、市販車でも異例の大型リアウイングを装着する必要がありました。

 さらに高出力化させたエンジンの冷却のため大きく開口したフロントバンパーなど、ベースの車体が同じながらも、エボ?、エボIIとは明らかに違うエクステリアによる独特の存在感を持っていました。

 エンジンは、初代から同じ4G63型インタークーラ付きターボです。しかし、燃調制御の緻密化とハイコンプレッション(高圧縮比)化によるレスポンス向上やタービンの大径化で、最高出力270PSを発揮するまでになりました。

 エボIIIは、1995年WRCラリー・オーストラリア、96年スウェディッシュ・ラリー、サファリ・ラリー、ラリー・アルゼンチン、1000湖ラリー、ラリー・オーストラリアで優勝し、もはやラリー・フィールドで常勝車になっていきました。

 また、1995年にはジャッキー・チェン主演の映画「デッドヒート」が公開され、エボIIIをはじめとした多くの三菱自動車車両が登場。三菱好きやエボファンに支持された作品です。

 ランサーエボリューションは、第一世代(エボI・エボII・エボIII)によって、基盤が作られました。その後の世代でも、当時の最新技術を搭載したモデルが続々と登場していきます。まさに“エボリューション”の名に恥じないクルマへと進化は続きました。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します