現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【プレミアムワールド認定中古車フェア】“港”の雰囲気の中であこがれの一台に出会う

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.19

【プレミアムワールド認定中古車フェア】“港”の雰囲気の中であこがれの一台に出会う

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡市にある複合商業施設「エスパルスドリームプラザ」海側デッキ沿いテルファー広場では、8月18~19日の2日間、プレミアムワールド認定中古車フェアが開催されている。

エスパルスドリームプラザは、1984年に廃線になった国鉄・清水港線の清水港駅跡地に建ち、「働く港」清水港を身近に感じつつ、市民が憩う場所として整備が進むスポットだ。海側デッキには、かつて材木の積み下ろしに使用したテルファークレーンがオブジェとして残されている。プレミアムワールド認定中古車フェアはそんな“港”の雰囲気の中での展示商談会だ。

    高級ブランドは一日にして成らず。日本メーカーに覚悟はあるか?

主催関係者は「地元静岡県下で輸入車関連のイベントを定期的に行っており、少しずつ認知も広がっています。エスパルスドリームプラザでの開催は3回目。カタログでもショールームでもわからない魅力に触れていただけるロケーションではないでしょうか」と語る。

「メルセデスベンツ/スマート、フォルクスワーゲン、マセラティの3メーカー4ブランドの出展での開催となりました。夏休みということもあって、ゆっくりご覧いただける機会になったようです。ちょうどドリームプラザの沖縄フェアと併せての開催となりました」

フォルクスワーゲンは『ザ・ビートル』の限定車「デューン」や、『クロスポロ』などの個性的なモデルに加え、『パサートヴァリアントTDI』など注目のモデルが並ぶ。

フォルクスワーゲン富士の担当者は「絶妙な車高で乗降性の良さとロードクリアランスが魅力のクロスポロは、ぜひ実車を見ていただきたい一台です。またパサートTDIも、いわゆるクルマ通のお客様には響いている一台です。最新にアップデートされたテクノロジーを持ちながら、重厚さなど、昔ながらのドイツ車の魅力を楽しむことのできる一台ですね」と話す。

またメルセデスベンツグループはスマートからメルセデスベンツ『Vクラス』、『Sクラス』まで、各クラス選りすぐりの在庫を会場に持ち込んでいた。中でも注目は「S560 4マチックロング」だろうか。

ヤナセ、メルセデスベンツ静岡東サーティファイドカーセンターの担当者は「このカラーコード989のエメラルドグリーンは、こうした野外のイベントで注目いただきたい色ですね。夜はほとんど黒のように見える、深みのあるグリーンです。好きな方にはすぐ響くようで、見たとたんに『この色で』との注文をいただくケースもあります」という。

マセラティは人気の『レヴァンテ』をはじめ、『グラントゥーリズモ』から『クアトロポルテ』まで勢ぞろいする。

中でも人気のレヴァンテについて、マセラティ浜松静岡プレオウンドカーセンターの担当者は「マセラティのSUVということで、最初は『どうなのか』と思われるお客様が多いのも確かです。けれども一度ステアリングを握られたら、この低重心の魅力、外から見るよりずっと身軽な身のこなしに驚かれることでしょう。この辺りですと日本平周辺などこのクルマの良さが光りますね」と話す。

イベントは19日の18時まで開催される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 中込健太郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します