現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > じつは3気筒ターボのノウハウに長けているホンダ──P10A2 [1.0 VTEC TURBO]

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.17

じつは3気筒ターボのノウハウに長けているホンダ──P10A2 [1.0 VTEC TURBO]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■P10A2シリンダー配列 直列3気筒排気量 1.0ℓ内径×行程 73.0×78.7mm圧縮比 10.0最高出力 95kW/5500rpm最大トルク 200Nm/2250rpm給気方式 ターボチャージャーカム配置 DOHCブロック材 アルミ合金吸気弁/排気弁数 2/2バルブ駆動方式 ロッカーアーム燃料噴射方式 DIVVT/VVL In-Ex/×

 ホンダのパワートレーン戦略「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」では、既存のガソリンNAエンジンの多くをターボエンジンに置き換える方向性が示唆されている。そのなかで1.5~1.8ℓNAエンジンの代替として、1.0ℓ直列3気筒ターボエンジンの登場もアナウンスされ、欧州向けシビックに搭載された。低イナーシャ高応答ターボチャージャーと直噴技術により、従来の自然吸気エンジンをしのぐ高出力・高トルクと低燃費をバランスさせた。もちろん、ホンダの伝家の宝刀・VTECを搭載している。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 世の趨勢に倣っていよいよ3気筒ターボをホンダも出してきた──と思いがちだが、そうでないのはわれわれ日本人だけがわかっている。ホンダは長年軽自動車で3気筒ターボを開発してきた経緯があるからだ。もっといえば550cc時代の直列2気筒だってある。レスシリンダー技術に関しては日本はトップランナーの一員なのだ。

 エンジン型式はP10A2と称する模様。直列3気筒のP型といえばやはり軽自動車用のP07Aを想起させる。すでにホンダの軽自動車用エンジンは、やはり直列3気筒のS07型(A型/B型)にスイッチしているが、本機はその先代に当たるP型の1.0ℓ版という呼称を与えられているようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します