現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 小型車のための3気筒専用設計エンジン──PSA EB series

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.15

小型車のための3気筒専用設計エンジン──PSA EB series

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■EB2 PureTech130シリンダー配列 直列3気筒排気量 1199cc内径×行程 75.0mm×90.8mm圧縮比 11.0最高出力 96kW/5500rpm最大トルク 230Nm/1750rpm給気方式 ターボチャージャーカム配置 DOHCブロック材 アルミ合金吸気弁/排気弁数 2/2バルブ駆動方式 ロッカーアーム燃料噴射方式 DIVVT/VVL In-Ex/×

 PSAの新世代エンジンシリーズ・EBは、直列3気筒でラインアップをそろえる。1.0ℓと1.2ℓの排気量をそろえ、前者はEB0、後者はEB2の呼称が与えられている。BMWとの協業で生み出されたEPシリーズからのスイッチで、より一層の排気量縮小が図られている(EPは1.4ℓ/1.6ℓ)。
 NAのみの展開とされていたこれまでのEB型3気筒エンジンシリーズに、筒内直接噴射や高効率ターボなどの最新技術を導入、新たに再構成されたエンジンシリーズが、PureTechだ。

    自動運転技術の意味は「私がクルマを目的地に運ぶように命じ、そのようにさせている」という意識であるべきだ

 直噴を採用する1.2ℓのターボ版には、過給圧の違いによって出力が異なる110hp版と130hp版を用意。その名が示す通り、それぞれの最高出力は110hp、130hpで、B/CセグメントはもちろんDセグメントへの対応も視野に入れて開発されている。この1.2ℓターボはEMP2プラットフォームを採用する新型308(2014年発売)に搭載されるかたちで登場。直噴ターボ化により、レスシリンダーならではの優れたエネルギー効率と環境性能に、よりいっそうの磨きがかけられた。また、NA版も引き続きラインアップされ、設計はもちろん多くの部品がターボ版と共用されるなど、生産上の効率も意識したものとなっている。

■EB0 VTi68
シリンダー配列 直列3気筒
排気量 998cc
内径×行程 71.0mm×84.0mm
圧縮比 11.5
最高出力 51kW/6000rpm
最大トルク 95.5Nm/4800rpm
給気方式 NA
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 PFI
VVT/VVL In-EX/×

■EB2 Pure Tech82
シリンダー配列 直列3気筒
排気量 1199cc
内径×行程 75.0mm×90.8mm
圧縮比 11.0
最高出力 60kW/5750rpm
最大トルク 118Nm/2750rpm
給気方式 NA
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 PFI
VVT/VVL In-Ex/×

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します