現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMW、韓国でディーゼル車の炎上が続発しリコール開始

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.11

BMW、韓国でディーゼル車の炎上が続発しリコール開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すでに新聞やテレビ・ニュースで取り上げられているように、韓国でBMWのディーゼル車の炎上事故が相次いでいる。2018年に入って36台が炎上したという。このため韓国BMWは10万台を対象にリコールを行なうことになった。

BMWの韓国での炎上事件は4月、5月の各5件から、7月は12件と急増。BMW韓国法人は7月26日に42車種10万6000台についてリコールを実施すると決定した。しかし、その後も炎上事故は発生し、8月には累計で36台に達した。韓国のテレビ・ニュースでは連日、炎上するBMWの映像が流れ、政府や韓国BMWのリコール対応の遅さが非難されている。炎上したクルマのほとんどはディーゼル車だがガソリンエンジン車も含まれている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

炎上した車両36台のうち、19台がセダンのディーゼルエンジンモデル「520d」だ。これまでのところ、原因はEGRバルブ部、EGRクーラーの不具合(冷却水の漏れによりEGRガスの高温化)とされているが、4気筒、6気筒のディーゼルエンジン・モデルはアメリカ仕様以外は世界共通で、なぜ韓国に炎上事故が集中しているのかは謎だ。

そのため、韓国の自動車工学の専門家は、EGRバルブやEGRクーラーそのものではなく、韓国向けのEGR制御ソフトに問題がある疑いもあると語っている。EGRの制御ソフトは各国の排ガス規制に合わせて仕様が異なる可能性があるからだ。

一方、BMW本社は2018年8月9日に韓国での炎上事故を受けて、ヨーロッパ市場でも32万7000台のテクニカル・サービス・キャンペーン(リコールに次ぐ自主的な改修)を行なうことを発表した。

BMWの発表では、現在の韓国の状況と同様、ヨーロッパ仕様でも、まれに一部のディーゼル車で火災を引き起こす可能性があるとしている。そのためサービス・キャンペーンではEGRモジュールをチェックし、不具合があったコンポーネントを交換することに決めた。

ヨーロッパ市場での対象車種は、4気筒ディーゼルエンジン搭載のBMW 3シリーズ、4シリーズ、5シリーズ、6シリーズ、X3、X4、X5、X6のEGRモジュール(2015年4月から2016年9月までの生産モデル)、 6気筒ディーゼルエンジンは2012年7月から2015年6月生産モデルだ。


問題のEGRモジュールとは、場合によって少量の冷却水=グリコールクーラントがEGRクーラーからEGR配管に侵入することがあり、EGR配管内のカーボン堆積物や煤と混合すると、高温のEGR排気ガスにより発火する可能性があるとしている。

すると高温になったEGRガスにより、樹脂製の吸気マニホールドが溶け、極端な場合はこれが火災の原因となることがあるという。

ただ、それにしても韓国市場でだけ炎上事故が続いている点は不明で、BMW本社の多数のエンジニアが韓国に入って問題の究明を行なっているという。

BMW 関連情報
BMWグループ 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します