現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本のコンパクトは「ノート」「アクア」の2強時代? なぜ「フィット」は加われないのか

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.10
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■e-Powerの走りと同じく販売も快走中の「ノート」

 クルマの国内販売は、いまや軽自動車やコンパクトカーがほとんどです。最近の販売台数ランキングを見ても日産「ノート」やトヨタ「アクア」がトップを二分しています。

 日産「ノート」は、「e-Power」というシリーズハイブリッドシステムをアピールして販売台数を伸ばしています。このシステムは、エンジンを発電に専念させ、モーターだけで走行するというのが大きな特徴です。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く