現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 顧客層の若返りへ!新型トヨタクラウンに乗って感じた魅力

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.10

顧客層の若返りへ!新型トヨタクラウンに乗って感じた魅力

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型クラウンの売れ行きが大変好調です。発売1か月で約30,000台を受注し、月販目標4,500台の約7倍が売れたことになります。トヨタが狙う「顧客層の若返り」が、功を奏したのでしょうか?2.0RSの試乗から、新型クラウンの魅力を探ります。文/写真・吉川賢一

クラウンの歴史

    新型クラウンがデビュー!60年以上に渡るクラウンの歴史をざっと振り返ってみた

「いつかはクラウン」というキャッチコピーは、35年前、1983年の7代目クラウンに用いられたものでした。”日本の高級車”の代名詞として、広く認められたクラウンですが、固定客の平均年齢層は70歳代に近いといわれ、ここ数世代は「若返り」がテーマになっています。
15代目となる今回の変革は、アスリート、ロイヤル、マジェスタの3つのシリーズを廃止し、「クラウン」に1本化したことです。車両は「若返りをしながらも、すべての世代に乗ってほしい」という意気込みで作られており、メーカーそして販売サイドも、大変力を入れているようです。


安心、快適なドライビング

今回、試乗したのは、スポーティな外観をまとったRS仕様の2.0Lモデル。この2.0L直噴ターボエンジンには、8ATのトランスミッションが組み合わせられています。
足まわりには、専用フロントスタビライザー、リニアソレノイド式AVSがRS仕様共通。さらにリヤパフォーマンスダンパーとリヤフロアブレースが、2.0Lモデルのみに装備されています。
そんな2.0RSは、一般道であっても、高速道路であっても、そっとハンドルに手を添えているだけで、滑らかに、真っすぐに突き進みます。ステアリングアシスト機能が、レーン中央を走行するよう、やんわりとサポートをしてくれるので、非常に安心ができます。多少、気を抜いて運転していたとしても、クルマ自身が真っすぐに進んでくれるので、非常に快適です。
また、コーナーやレーンチェンジのようなシーンにおいては、ステアリング操作に対して俊敏に反応してくれます。「BMW5シリーズ、メルセデス・ベンツEクラスをベンチマークにして開発した」というアナウンス通り、まさに欧州車のような俊敏さと落ち着きを両立した挙動は、もはや同等以上に感じます。


良好な視界に

最新のTNGA技術によって車両重心は低く、ドライバーの着座位置も低くなり、運転時の安定感が一段と増した印象です。
Aピラーは、ドライバーの視線を考慮したデザインで、十分な強度を確保しながら、視界には邪魔にならないよう形状が工夫されています。死角も少なく、安全確認がとてもやりやすいです。決して、小柄とは言えないクラウンのボディですが、視界が良いだけで、どなたでも運転しやすいと感じるはずです。


引き締まった乗り心地

タイヤは、225/45R18サイズのブリヂストンREGNOGR001を装着しており、低扁平のタイヤをはいているクルマ相応の乗り味でした。
乗り心地の印象は欧州車に近く、ふわふわと振動が残る乗り心地ではなく、ダンピングが効いて引き締まった印象です。先代までのクラウン・ロイヤルのイメージで乗り込むと、やや硬めに締め上げていると感じます。


パワーに優れた元気なエンジン

2.0Lターボエンジンの印象は「踏めば速い」です。車両設定が、NORMALやCOMFORTモードであれば、ジェントルな落ち着いた運転になりますが、SPORT+モードにすれば、アクセルにダイレクトに反応するようになります。
ちなみにカタログ燃費(WLTCモード:郊外モード)は、12.4km/Lです。3.5Lハイブリッドの16.0km/L、2.5Lハイブリッドの20.0km/Lに比べると、もっとも低い値です。


新型クラウンは、BMW5シリーズ、メルセデス・ベンツEクラスをベンチマークして開発してきたそうです。現時点の販売は絶好調ですが、今後は同価格帯の欧州車がもつブランドバリューに勝てるかという点がネックになると思われます。
新型クラウンの”価値”がお客様に伝わり、そして共感を得られるか、今後が非常に楽しみです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tom*****|2018/08/10 15:36

    違反報告

    若い人でこれが買えるくらいの収入の人は
    クラウンは選ばないよ。
  • egl*****|2018/08/10 15:33

    違反報告

    この価格でユーザーの若返りは無理、若い人が500万以上の車を買うとは思えない。
    つまりクラウンのユーザーはある一定以上の年齢でないと買わない。

    トヨタが歳を取ればそれだけで給与が上がって、
    40代くらいでもクラウンを買えるくらいの年収がもらえる会社だから考えがズレてるのかな?
  • fxy*****|2018/08/10 15:56

    違反報告

    性能が良いのはわかるけどクーペの様で個人的にはガッカリ、価格も650万前後だとBMやベンツに行きたくなるのでは?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します