現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > エンジン自慢?あえてエンジンルームを魅せるクルマ6選

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.10

エンジン自慢?あえてエンジンルームを魅せるクルマ6選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段はボンネットのなかに収まり、外からは見ることができないエンジン。自動車を構成するあらゆるパーツのなかでも、もっとも重要なもののひとつです。そんなエンジンをあえて外から見えるように工夫されたミッドシップの車たち。エンジンさえも演出の一部としてスタイリングに取り入れた、こだわりのモデルを紹介しましょう。文・西山昭智

(1)フェラーリF40

    ミドシップ車のエンジンルームって、どうやって開けるの?

1987年にフェラーリ創立40周年を記念して登場したアニバーサリーモデル。最高速度324km/h(公称)は、市販車として当時の世界最高速度を誇っていました。
戦闘的なスタイリングはピニンファリーナによるもので、エンツォフェラーリの理念であるロードゴーイングレーシングをかたちにしたスペシャリティカーです。バブル期に発売されたことで、瞬く間にプレミアムがついたことでも話題となりました。
3.0LV型8気筒DOHCエンジンにIHI製のターボチャージャーを2基搭載。その美しいエンジンは、バルクヘッドの後ろにある透明のエンジンカバーから眺めることができ、テールエンドの黒いメッシュパネルからも目を凝らすと見ることができます。
エンジンカバー部分は単体で跳ね上げることができず、リアセクションを丸ごと跳ね上げ、マフラーなどが剥き出しになった状態でようやくエンジンと直に対面することができます。


(2)エンツォフェラーリ

F40のデビューから15年後の2002年、フェラーリ創立55周年を記念して登場したエンツォ・フェラーリ。創業者の名前を冠したプレミアム級のスペシャリティモデルです。
1995年に発売された創立50周年を記念するF50と同様に、心臓部には6.0LV型12気筒エンジンを採用。スタイリングは当時ピニンファリーナに在籍していた日本人カーデザイナーの奥山清行氏が担当したことで、日本でも注目を集めました。
フロントドアがバタフライ式でこれまでにないスタイリングを持つエンツォ・フェラーリも、エンジンを覆うカバーをガラスにすることで、「赤い頭」のカムカバーをはじめとするV12エンジンの造形美を、エンジンフードから眺めることができます。
後のラ・フェラーリでもエンジンカバーがガラスで覆われていますが、くさび状になっているので面積が小さく、エンツォ・フェラーリのような開放感あふれる見え方は期待できません。


(3)フェラーリ360モデナ

エンジンを見せる演出にこだわったフェラーリは、アニバーサリーモデルやスペシャルモデルだけではありません。F355の後継モデルとして1999年に登場した360モデナもガラスカバーを採用し、エンジンが外から見えるような構造になっています。
3.6LV型8気筒エンジンをミドシップにレイアウトし、赤く塗られた2本のカムカバーの間には、フェラーリのシンボルである跳ね馬が描かれており、Ferrariのロゴマークとともに見せる(魅せる)ことを前提にしたつくりになっていることが理解できます。
工業製品でありながら工芸品のような繊細さをみせるのは、さすがフェラーリ。この演出は、後継モデルであるF430以降にも受け継がれていきます。


(4)ランボルギーニアヴェンタドール

アウディが初めて手掛けたランボルギーニとして、話題をさらったムルシエラゴ。その後継版であるアヴェンタドールも、エンジンを見せるになっています。
ただし、6.5LV型12気筒エンジンを覆うガラス製のパネルは、ルーバー状に重なっており、フェラーリのようにすっきりと眺めることはできません。パネルそのものも平面になっておらず、一部に角度がつけられているのもその原因のひとつです。
ちなみにムルシエラゴをベースにした限定版のレヴェントンも、同じ素材のルーバー形状ですが、こちらはパネルが平滑なぶんエンジンルームがより見えるようになっています。


(5)ブガッティヴェイロン

超プレミアム級のスーパーカーであるブガッティヴェイロン。1999年の東京モーターショーにコンセプトカーが出展され、会場内には黒山の人だかりができるほどの人気ぶりでした。
2005年には市販車の発売を開始。ミドシップに搭載されるエンジンは8.0LW16気筒という変わり種のユニットで、そこに4基のスーパーチャーチャージャーがつけられています。最高速度は407km/h(メーカー発表値)、0-100km/h加速は2.5秒というスペックは、まさにモンスターマシンにふさわしい性能といえるでしょう。
このW16気筒クワッドターボエンジンは、その上にカバーを取り付けた状態で剥き出しのままバルクヘッド後方に配置。フロントシートからでもエンジンを眺められるようになっています。左右シンメトリーに並んだターボユニットの上には「EB」「16.4」の文字がそれぞれ描かれています。


(6)アウディR8

フェラーリやランボルギーニといったスーパーカーブランド以外にも、エンジンルームを見せるデザインを採用しているモデルがあります。2006年に登場したアウディのスポーツモデルあるR8がそれで、4.2LV型8気筒エンジンをミドに搭載し、カバーに透明のガラス素材を採用しています。
エンジンカバーは2本のダンパーで跳ね上げることができ、カムカバーにはフォーリングスが描かれるなど見え方にもこだわりを感じさせます。
2016年には、V10エンジンを搭載した2代目のR8が登場。こちらはエンジンルームにカーボンパネルを多用するなど、より美しいエンジンルームに仕上がっています。



エンジンを見せる演出方法は、フロントやリアにエンジンを搭載する車ではなかなか難しいもの。造形美にこだわったエンジンをあえて積極的に見せるやり方は、ミドシップ方式のMRモデルだけに許された、ひとつの贅沢。ユーザーの所有欲を満たすのにも、ひと役買っているのかもしれませんね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します