現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ポルシェデザインが手がけた「レガシィ ブリッツェン」とは?

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.10
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代のスバルを代表するアッパーミドルクラスがレガシィです。ツーリングワゴンが代名詞的な存在ですが、セダンやワゴンをベースにしたSUVモデルといった派生モデルも高い人気を博していました。そんな歴代レガシィのなかで、あのポルシェデザインが手がけた限定車が販売されていたことをご存じでしょうか。ドイツ語で「稲妻の光」と名付けられた、その希少なモデルに今回はフューチャーしたいと思います。(CarMe)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hil*****|2018/08/10 06:33

    違反報告

    この頃がレガシィの全盛期だったのかなと思うと悲しいなあ…
  • saa*****|2018/08/10 06:52

    違反報告

    今ならレガシィじゃなくて、レボーグで出さないとね
  • z15*****|2018/08/10 06:39

    違反報告

    ベース車がダメ。
    ポルシェも頭を抱えた。
    とりあえずお金が入るからデザインしただけ。
    町で見かけた時は可哀想に見えるが乗ってる本人はC-HR同様自慢気に乗ってるいるため更に可哀想に見える。