現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ♯2 手でギヤチェンジするベスパPX。その新車がもうすぐ(日本でも海外でも)買えなくなるという事実

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.9

♯2 手でギヤチェンジするベスパPX。その新車がもうすぐ(日本でも海外でも)買えなくなるという事実

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1978年に市販が開始されたPというモデルがすべての始まりだった。そのPが改良され、ネーミングをPXと変え、以来40年続くヒットモデルに成長。惜しくも生産中止となってしまったが、まだまだ世界中のファンがPXを愛し続けている。REPORT●大家伝(OYA Den)

 前回は、PXがベスパの歴史の半分以上を担ったハンドチェンジスクーターの完成形だという話をさせてもらった。そして前回の冒頭で触れているように、40年もの長い期間世界中の人々が親しんできたPXはすでに生産中止となっている。そう、基本的にPXを新車で買うことはもうムリなのだ。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 さて、ここからはPXのディテールについて詳しく見ていくことにしよう。最終的なPXのラインナップだが、150ccと125ccの2ストエンジンを搭載して展開。どちらも4速ハンドチェンジ機構を備えていた。
 エクステリアに目を向けると、ホーンカバーにもなっているノーズグリルがPXの元となったシリーズ初期モデルのPを彷彿させるデザインである事に気付く。これはファンを喜ばせる心憎い演出であった。他には燃料計と各種インジケーター類がビルトインされた丸型で見やい大型スピードメーター、φ200mmフロントディスクを採用。最低限の改良によってノスタルジー感溢れるルックスを残しつつも、時代に合わせた排ガス規制への対応と合わせてしっかりと現代的な交通事情でも問題なく走れる仕様となっていた。

 そんなPXが世界中のファンを惹きつけてやまない理由として考えられるのが、変わらないという安心感につきるのではないだろうか。なにしろPの販売開始から40年、ほぼ同じルックスを保っているのがPXだ。変化のないことをツマラナイと思う人もいるだろうが、ベスパのファンからすればいつ見ても、どこで見ても、同じベスパだという安心感が大きいのだと思う。
 それにスチールモノコックボディはサビたり凹んだりすることはあっても、軽く頑丈で基本的に長持ちだ。なのでずっと乗り続けられ、愛着もわきやすい。しかも構造がカンタンで部品点数も少ないため、自分で整備や修理が可能な点も歓迎される要因だろう。

 ちょっとほかのスクーターとは違うところばかりの気もするが、それでも40年間世界から愛され続けたPXだけに、たとえ新車で買えなくなったとしても変わることなくずっと愛され続けていくに違いない。


最終モデル ディテール解説

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します