現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ発動機、欧州二輪車の不振を新興国でカバー 2018年1-6月期決算

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.8

ヤマハ発動機、欧州二輪車の不振を新興国でカバー 2018年1-6月期決算

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機は8月8日、2018年12月期第2四半期(2018年1~6月)連結決算を発表。売上高は新興国二輪車事業およびマリン事業、ならびに産業用機械・ロボット事業の販売好調により、売上高は前年同期比2.8%増の8513億円で、第2四半期累計としては2期連続の増収となった。

営業利益は、増収に加え、新興国二輪車事業や産業用機械・ロボット事業の商品ミックス改善が先進国二輪車事業の減益を吸収し、同0.1%増の822億円とほぼ前年並み。経常利益は同5.0%減の793億円、四半期純利益は同6.3%減の570億円だった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

二輪車の売上高は同1.2%増の5154億円、営業利益は同7.5%減の312億円。新興国では、インドネシア、インド、フィリピンなどにおける販売台数の増加や商品ミックスの改善などにより増収・増益となったが、先進国では欧州での販売台数の減少などにより、減収・減益となった。

マリン事業の売上高は同5.0%増の1887億円、営業利益は同3.5%増の382億円。北米でのウォータービークルとスポーツボートの販売台数が増加し、増収・増益となった。

特機事業の売上高は同6.5%増の713億円、営業利益は同18.6%増の11億円。四輪バギー、ゴルフカーの販売台数が増加し、増収・増益となった。

産業用機械・ロボット事業の売上高は同14.6%増の353億円、営業利益は同40.3%増の88億円。サーフェスマウンターの商品ミックス改善などにより増収・増益となった。

その他事業の売上高は同1.8%減の406億円、営業利益は同32.6%減の29億円。電動アシスト自転車の商品ミックス悪化などにより、減収・減益となった。

通期連結業績予想については、売上高1兆7000億円(前期比1.8%増)、営業利益1500億円(同0.1%増)、経常利益1550億円(同0.1%増)、純利益1030億円(同1.4%増)とした前回予測を据え置いた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します