現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 整備工場からのメンテナンス費用の請求の確認作業にAIを活用 NCSとNTTコムウェア

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.8

整備工場からのメンテナンス費用の請求の確認作業にAIを活用 NCSとNTTコムウェア

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本カーソリューションズ(NCS)とNTTコムウェアは、整備工場からの複雑な請求伝票の確認作業を、人工知能(AI)が代行する技術の開発に成功した。

NCSには、提携整備工場からオートリース契約している企業や個人客の車検・点検・整備などのメンテナンス費用の請求伝票が年間百数十万件届く。膨大な整備請求伝票を、正確、迅速に確認するため、AIを活用していくことにした。NTTコムウェアとの協業で、過去のデータを活用して整備請求伝票の確認作業にAIを使って技術を検証した。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

検証では過去の膨大な請求伝票と確認記録に対してデータマイニングを実施、担当者のノウハウをパターン化して出現頻度の高いパターンをAIが学習した結果、担当者と同等レベルの確認作業ができた。

両社はAIを使った確認作業の適用範囲について見極めた上で検証し、高い精度が確認できた業務領域から順次、実用化していく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します