現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車のエアコンが効かない!! 症状別の修理費用はどれくらい?

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.8

車のエアコンが効かない!! 症状別の修理費用はどれくらい?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガス充填が症状を悪化するケースもある専門家の修理が必要なエアコントラブル

猛暑日続きで、日本列島の不快指数はレッドゾーン。さすがにエアコンなしのカーライフは考えられないわけで、トラブルになってしまうとサスガに辛い。「エアコンを入れても冷えにくい」と感じたら、早めの点検がオススメなのだが、自分でチェックできるケースもある。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

エアコンの効きが悪い場合、冷媒ガス(エアコンガス)が不足、もしくは抜けているケースが多く、ガソリンスタンドなどで無料点検を勧められることも珍しくない。このとき、どこをチェックしているかというと、エンジンルームのリキッドタンクのサイトグラスという円形の”窓”だ。

【エアコンガスが不足している場合】

まずはエンジンをかけて、エアコンを風量&冷房MAXでON。さきほどのサイトグラスを覗いて、透明の液体が流れている状態ならば正常。下の写真のように細かい気泡が勢いよく流れている場合(白濁したような感じ)は、ガス不足(画面右)。逆に気泡がまったく見えなければ過充填ということが考えられる。

◎冷媒ガスの充填:3000~5000円

【エアコンガスが漏れている場合】

あくまでも目安だけど、簡易な点検で冷媒ガスの状態はチェック可能。しかし、”ガスの洩れ”まではわからないままに充填されることがあるわけで、逆に過充填も少なくない。したがって、安易な充填は、さらに症状を悪化させる可能性もあるのだ。そもそも、正常ならば構造上ガスが抜けること自体ありえないので、ガス漏れ箇所を放置したまま、補充するのは応急処置としてもおすすめできない。

◎冷媒ガスの漏れor詰まり修理:2万円~4万円

【コンプレッサーが故障している場合】

コンプレッサーとは、冷媒ガスを圧縮することで液化と気化を繰り返す装置で、円形の筒状をしている。エアコンのスイッチをONにした時に、コンプレッサーから「カチッ」というマグネットクラッチの作動音が聞こえない場合、不具合が出ている可能性がある。また、ガス不足によって動かなくなることも考えられ、ガスを補充すれば作動することも。プロに見てもらうといいだろう。

◎コンプレッサーの修理:5万円前後

他にもガス詰まりで起こる内部圧力の異常、センサー関連、ファンの故障など、エアコンが効かない原因はいくつも考えられる。こうなった場合の原因追求は、やはりプロに頼るしかない。ディーラーや一般の整備工場に加えて、エアコンの点検・修理に特化した”電装屋”という生粋のプロもいる。一般ユーザーにはなじみが薄いかもしれないが、ネットなどで調べれば見つかるはずだ。

ちなみに、トラブルの原因を特定するには、専用リークテスターや圧力計(エアコン用ゲージマニホルード)など特別な機材も欠かせない。内容によっては診断費用がかかってしまうことも忘れずに。

(レポート:Auto Messe Web編集部)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します