現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【いまこそ欲しい中古の名車】2.0Lターボで7人乗りはほかにない! スバル・エクシーガが狙い目です!

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.7

【いまこそ欲しい中古の名車】2.0Lターボで7人乗りはほかにない! スバル・エクシーガが狙い目です!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今、7人乗り定員のSUVがにわかに注目を集めています。7人乗りといえばミニバンの特権のように思われていますが、多様性を求める時代のなかで7人乗りSUVという選択肢は魅力的です。走行性能と多様性の絶妙のバランス、いまこそ再評価したい車種が「スバル・エクシーガ」です。

インプレッサ譲りの走りに多人数乗車を実現したモデル

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

昨今、7人乗り定員のSUVがにわかに注目を集めているところですね。7人乗りといえばミニバンの特権のように思われていましたが、多様性を求める時代のなかで7人乗りSUVという選択肢はとっても魅力的です。しかし、だからこそいま注目したい車種があるんです。それが「スバル・エクシーガ」です。エクシーガは2008年6月から2015年3月までスバル唯一のミニバンとして販売されていました。"ミニバン"といってもその実態はミニバン的な特性というよりもむしろワゴン色が強く、そしてなんといってもスバルならではの"走り"のパフォーマンスがおしみなく投入されている唯一無二の存在を醸し出しています。
まずは簡単に基本構成をチェックしてみましょう。


■SUBARU・EXIGA/スバル・エクシーガ

【グレード構成】
2.0i(FF/AWD):ベーシックグレード
2.0i-L(FF/AWD):充実装備のグレード
2.0i-S(FF/AWD):スポーティなグレード
2.0GT(AWD):ターボ仕様のスポーツグレード

【エンジン構成】
2.0L DOHCエンジン(EJ20):148PS/6000rpm
2.0L DOHCターボエンジン(EJ20):225PS/5600rpm

【ボディサイズ(mm)】
全長4740×全幅1775×全高1660


基本構成は2.0LのターボとNAのエンジンが用意されていて、唯一のターボエンジン搭載車が「2.0GT」となります。NAとくらべるとパワーもケタ違いとなっておりとってもオススメです。今回はこの「2.0GT」を中心にチェックしていきたいと思います。

シートアレンジ多彩のキッチリ7人乗り!

ワゴン的なパッケージングといっても7人乗りのシートはアレンジ自在です。まずシートの真横からの写真をみてもらうと、座面部分がフロント側から徐々に高くなっています。これは大型映画館の座席のように、どのシートに座っていても見晴らしがよく窮屈感を解消するつくりとなっているんですね。そしてセカンドシートは左右独立して180mmのロングスライド機構がついているので、様々なシートアレンジを可能としています。

高い操縦安定性を誇る「SI-シャシー」を採用!

クルマのスタビリティを左右するといっても過言ではないシャシーには3代目インプレッサ WRX STIなどで定評のある「SI-シャシー(SUBARU Intelligent-Chassis)」を採用しています。高剛性ボディとしなやかなサスペンションによって、"ミニバン"の枠を超えた高い操縦安定性と上質な乗り心地を実現しています。さらにリアサスペンションはミニバンではほとんど採用されることはなく、セダンやスポーツカーなどの上級車用とされている「ダブルウィッシュボーン」が採用されているので走りへの本気度がうかがえます。

もはや説明不要なほどのハイパフォーマンスを発揮する3代目インプレッサWRX STIと同一のシャシーを採用しているというだけでもクルマ好きとしては胸アツになる。

やっぱりターボ、最高出力は225PS!そして5ATがじつはレア!

スバルといえばやっぱりターボ車のイメージがありますね。エンジンはもちろん伝統のEJ20で最高出力は225PSを発揮しています。インプレッサなどと比較するとアンダーパワーではありますが、通常2.0Lクラスの7人乗りミニバンの最高出力が150PS程度だと考えると、ありあまるパワーでブッチギってくれます。

そしてじつは超注目なのが、2.0GTは「5速オートマチック(5AT)」を採用しているところにあります。もともとエクシーガ自体、4ATと5ATの展開でしたが、NAモデルは最初の一部改良から徐々にCVT(リニアトロニック)に変更されていっています。2.0GTは販売終了までずっと5ATを搭載していました。そして、日本のミニバンにおいて5ATを採用しているクルマは非常にレアなんです。それはやはり日本の道路事情やコスト面を考慮してなのですが、"走り"に関しては5ATのほうが優れいているというのが一般的な見解なんですね。事実、高級車でCVTを採用することはまれです。ちなみに、エクシーガの後継モデルとなるエクシーガ クロスオーバー7にはCVTしかありません。もっというと、いまやスバル車のなかでもWRXやレヴォーグですらCVTとなっています。いわば、2.0Lターボで5ATの走りを楽しめるとっても貴重なクルマというわけです。

EyeSight(アイサイト)搭載モデルがある!

エクシーガが2008年にデビューした当時はまだEyeSight(アイサイト)は搭載されていませんでしたが、2009年の一部改良ではじめて装備され、さらに2012年にはEyeSight ver.2にグレードアップしています。より安全性の高いモデルを選びたい人はこちらのグレードが狙い目ですね。

STI仕様のハイパフォーマンスモデルもある!

スバルといえばSTI。エクシーガにももちろありますよ、STI仕様。まず2009年に「2.0GT tuned by STI」が発売されました。こちらは専用サスペンションやフレキシブルタワーバーなどでチューニングを施し、フロントアンダースポイラーや17インチアルミホイールなどを装備しています。さらに2012年にはエクシーガ「tS」を発売。tSとは「tuned by STI」の略で、こちらは18インチのアルミホイールなど、より高度なチューニングが施されているモデルとなります。どちらも300台限定なので、よりレアでそして走りの楽しいモデルをチョイスするならこちらがオススメですよ!

■2.0GT tuned by STI(2009年/300台限定)

■tS(2012年/300台限定)

【エクシーガ・2.0GTの年表】

2008年6月17日:エクシーガ発売。
2009年9月2日:一部改良。「2.0GT Black Leather Selection」「2.0GT EyeSight」追加。
2009年10月20日:「2.0GT tuned by STI」発売(300台限定)。
2010年5月18日:一部改良。燃費向上など
2010年12月21日:特別仕様車「2.0GT LIMITED」発売。
2011年6月28日:一部改良。フロントグリル変更など。「2.0GT アルカンターラセレクション」追加。「2.0GT Black Leather Selection」は消滅。
2012年7月3日:一部改良。EyeSight(ver.2)を搭載など。STIコンプリートカーのエクシーガ「tS」を発売(300台限定)。
2013年8月19日:一部改良。内外装色変更など。「2.0GT EyeSight L Package」を追加。
2014年8月22日:一部改良。「2.0GT-S EyeSight」追加。
2015年4月15日:販売終了


二度と現れないかもしれない充実の内容を手に入れるならいま!

いかがでしたでしょうか?エクシーガの魅力をわかっていただけたでしょうか?7人乗りという使い勝手が最高なパッケージングに「SI-シャシー」「ダブルウィッシュボーン」「2.0Lターボ」「5AT」などハイレベルな走りを実現する内容がてんこ盛りです。グレードによっては「EyeSight(アイサイト)」で安全性もバッチリ。さらにSTI仕様も選べるとなれば走り好きでも納得のクルマになっています。こんな内容のクルマは今後現れないかもしれません。買うならいま! これからクルマの購入を検討している人は、ぜひエクシーガを候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kmd*****|2018/08/08 19:26

    違反報告

    販売中に注目してもらいたかったなぁ•••
  • hid*****|2018/08/08 22:43

    違反報告

    エクシーガGT(A型)のオーナーです。
    記事について内容の否定はしませんが、購入するならば2011年製造以降の後期型GTをお勧めします。初期型GTにはVDCとパドルシフトが装備されていません。
    又、初期型の5ATミッションは部品の加工不良に起因するバルブボディの不具合が多発しています。※この年代のレガシイでも同様の不具合が起きています。
    スバルは後期型のマイチェンの際に設計変更を行って対策部品を用意したのに初期型オーナーに対するリコール対応を意図的に行っていません。
    修理の場合、バルブボディユニット交換+ATF交換を行う必要がありますが軽く20万コースになります。
    基本的には悪い車ではありませんが基本的にEJ20ターボは燃費が悪く、市街地走行では6~8Km/ℓ程度しか走りませんのでそれなりの維持費を覚悟した上で購入された方が良いと思います。
  • thr*****|2018/08/08 22:15

    違反報告

    評価の高いBP/BLのレガシィをベースに7人乗りミニバンに仕立て上げた車ですから
    その為当時としても屈指の「走れる」ミニバンでした
    実際最終モデルのクロスオーバー7はターボじゃ無いのに走ってとても気持ちの良い車に仕上がっていました
    三列目がお飾りじゃなくて普通に使えるシートだったのも良かったです
    これでスライドドアだったら売れたんじゃ無いかなぁと今でも思いますが、スバルの販売力を考えるとそれも妄想なのでしょうね

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します