現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 敦賀市で燃料電池車への充填やEVへの電力提供も可能な水素ステーション設置

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.8

敦賀市で燃料電池車への充填やEVへの電力提供も可能な水素ステーション設置

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東芝エネルギーシステムズ株式会社は2018年8月6日、福井県敦賀市と水素サプライチェーン構築に関する基本協定の締結を行った。2018年度より2021年度まで、敦賀市内で実用化にむけた水素サプライチェーン構築の検討を行う。今回のサプライチェーン構築は敦賀市の「敦賀市産業間連携推進事業費補助金」を活用して行っていく。


敦賀市は、敦賀市および周辺地域がそれぞれの優位性を生かしながら連携して、共に発展を目指す「ハーモニアスポリス構想」の一環で、「調和型水素社会形成計画」の策定を進めており、水素の導入に向け、積極的な取り組みを進めている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

今回設置される東芝エネルギーシステムズ製の「H2Oneマルチステーション」は、ワンコンテナタイプの「H2One」と、地産地消型の再エネ水素ステーション「H2Oneステーションユニット」を組み合わせたシステムで構成されている。
具体的には、再生可能エネルギーにより建物に電気や熱を、電気自動車に電力を供給できる「H2One」と毎日燃料電池車8台分(※)の水素を製造でき、最速3分で満充填ができる「H2Oneステーションユニット」の水素エネルギー供給システムだ。今回設置する「H2Oneマルチステーション」は、近接する太陽光発電システムから電気の供給を受ける予定だ。
また、「H2Oneマルチステーション」は高圧ガス保安法上の「第二種製造者」の製造所で保安係員の常駐が不要。さらに災害等の非常時に停電しても避難所において300人に3日分の電力と熱を供給することが可能としている。
※国内の自動車平均走行距離から算出

東芝エネルギーシステムズは「H2One」の供給などを通じ、再生可能エネルギー由来のCO2フリー水素を活用して、クリーンな水素エネルギー導入を進めているが、「H2Oneマルチステーション」は、今回初めて設置する。
敦賀市および東芝エネルギーシステムズは、今回の画期的な水素サプライチェーン構築を通して、クリーンな水素社会実現に向けた取り組みを行っていくとしている。

水素エネルギー|東芝エネルギーシステムズ株式会
敦賀市 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します